A NET ~あねっと~

稲作専業農家の素敵な日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログを引っ越しました

はてなブログに移転しました!

引っ越しましたが、今後ともよろしくお願いしますm(__)m


スポンサーサイト

稲刈りと夜の籾摺り

夜の作業場
 去年まではコンバインが能力を持て余していたのだが、乾燥機グレードアップでフル稼働。毎年僕もコンバインに乗る余裕があったのだが、今年は父にひたすら乗ってもらい、僕は運び屋と作業場を兼務している。しかし、どうしたって二人。運び屋の合間にしか籾摺り機を動かせないので処理が追いつかず、ついついナイター営業してしまう。籾摺り機もグレードアップさせたいところだが…。

 しかし、夕飯にビールを飲んだあとで仕事をしたりフォークリフトに乗ったりするんだから、いくら庭先とはいえこれは常識的に問題がある。こういう無茶な長時間労働の中で作業体系が成り立っているというのは経営としていかがなものかと思うので、まぁ、どうしたもんじゃろのぉ、と静かな夜に騒がしい機械を動かしながら思うわけです。

 

 

作業場の新築と稲刈りのこと

 ほとんど書かないままに稲刈りに突入してしまいました(苦笑)

作業場1
 作業場を新築いたしました。既存の30石乾燥機を一台残して、新たに60石の乾燥機を2台入れました。

作業場2
 籾摺り機と選別機はそのままで、フレコンパックを新設。

作業場3
 以前の籾摺り小屋とつなげて米置き場にしました。

 念願の快適環境です。


これを過渡期と呼ぶならば

 いつも何だかモラトリアム。(笑)

 今年の作付は土壇場で依頼があったりで約6町歩ばかり増えました。条件が良いとは呼べない田んぼばかりでどうにも疲労が積もります。

 僕が執るべき路線はこれではないことだけはよく分かるのだが、そのための過渡期で経験期だと、そう思う毎日です。

 うーん。なかなか。


 

 

 

4月も半分が過ぎました

 半月は1年の24分の1。半月は80年の1920分の1。80年はたった29200日。

 というわけで2週間を振り返ります。(笑)

 1日(金)
 乾いている田をどんどん耕していく。午後は1回目の種まきの準備。それから定期検診で歯医者に行く。

 2日(土)
 1回目の種まき。1000枚ほどまく。息子の3歳の誕生日。

 3日(日)
 耕したり色々。まだ天気が良いので、いつも泣かされる超湿田を乾いているうちに耕してしまう。

 4日(月)
 2回目の種もみを催芽機に入れる。苗箱に土をつめる。

 5日(火)
 朝、催芽機を止める。耕したり何だり。夜は農業関係の役員会。

 6日(水)
 耕したり。疲れが溜まってきたのを感じる。

 7日(木)
 耕したり。午後からは雨が強く降ってきたので久しぶりに休んで、近くの温泉に入りに行く。

 8日(金) 
 耕したり。夜は地元の農協青年部の飲み会。繁忙期を前にパーッとやる。2次会でカラオケに行き午前様。

 9日(土)
 朝から2回目の種まき。 ちょっと二日酔い(笑)。午後は耕す。娘の6歳の誕生日。

 10日(日)
 耕す。

 11日(月)
 寒の戻りで雪が降る。寒い。気にせず耕す。

 12日(火)
 3回目の種もみを催芽機に入れる。耕す。夜は農家仲間と少人数で飲みに出る。多少飲みすぎる。

 13日(水)
 催芽機を確認して朝から耕す。ちょっと二日酔い(笑)。終日耕す。

 14日(木)
 終日耕す。今年は田んぼが5町ほど増えたので父も頑張って耕してくれている。今日で自分の分は大体終わり。父が11町くらいやってくれたので、僕は16町くらいやっただろうか。あまりに乾かない田んぼ数枚は後回しにする。

 15日(金)
 寒の戻り。朝は土を作る。奥さまに明日の種まきの準備をしてもらう。午後は県の集まりの理事会があるので新潟市まで出る。夜は懇親会。電車で帰ってくる。役やら付き合いやらで飲む機会が格段に増えました。仲間も増えました。今までも沢山の仲間と出会って別れて、それでもまた出会い続ける毎日です。もう会えないかもしれない昔の仲間も誰一人忘れることもなく、声の感触まで覚えているのですが、どうにも感傷に浸る時間がない。明日は早朝から種まき。





 


 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。