A NET ~あねっと~

稲作専業農家の素敵な日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

農機具展示会

展示会に行ってきました。

IMG_3712_convert_20120630193754.jpg
あぁ、一度でいいから乗ってみたい。

IMG_3714_convert_20120630193901.jpg
我が家と同機種。これは頼もしい機械です。

IMG_3713_convert_20120630193840.jpg
4条植え。か、可愛い・・・。

IMG_3715_convert_20120630193931.jpg
欲しい・・。欲しいけど、家が建つほど高いです。





スポンサーサイト

水回りと草刈りと

田んぼの性格に合わせて水を入れたり入れなかったり。

IMG_3707_convert_20120629221059.jpg
今日は道路でカメに会いました・・・。

IMG_3708_convert_20120629221127.jpg
草刈り。暑い・・・。

IMG_3710_convert_20120629221204.jpg IMG_3709_convert_20120629221150.jpg
庭師でもないのに、どうせすぐに伸びるのに、直角・水平にビシッと刈らないと面白くありません。

IMG_3711_convert_20120629221217.jpg
最後に寄った田んぼ。なかなか水がかからないので一度帰宅してから自転車で出直しました。

水回りと草刈りと

水が来る日なのであちこち田んぼを回ります。
が、しかし、他の人も水を使いますから思うようには水を入れられません。

IMG_3701_convert_20120628203533.jpg
他に話す人もいないのでカメと話したり・・・。
(なぜこんな巨大なカメが・・・)

IMG_3702_convert_20120628203557.jpg
あちこち草刈ったり・・・。

IMG_3703_convert_20120628203612.jpg
家裏は57日目。

IMG_3705_convert_20120628203627.jpg
夕方の空は濃いのに淡く、淡いのに濃い・・・。うーん、青春の日々はいずこへ。

草刈りと水回りと

明日は水が来る日なので、田んぼの状況をひと通り見て回ります。
水を入れたい田んぼと、もう少し乾かしたい田んぼと、まぁ気にしなくてよい田んぼを決めておきます。
ある程度決めておくと翌日の予定が立てやすい気がします。

IMG_3689_convert_20120627203149.jpg
自走式草刈機の刃を交換します。

IMG_3687_convert_20120627203103.jpg IMG_3688_convert_20120627203124.jpg
石を巻き込むのでどうしても無駄に擦り減ってしまいます。

IMG_3690_convert_20120627203210.jpg
隣の集落内の田んぼ。

IMG_3691_convert_20120627203229.jpg
のどかな風景に癒されます。

IMG_3693_convert_20120627203257.jpg IMG_3694_convert_20120627203309.jpg
木の枝の下をくぐったら、トゲのある枝でした。痛い・・・。

IMG_3696_convert_20120627203328.jpg
使ってない畑。もったいないですね。

IMG_3697_convert_20120627203411.jpg IMG_3698_convert_20120627203423.jpg
土手は水路に草を落とさないように下から上に刈り上げます。

IMG_3699_convert_20120627203435.jpg
お昼の風景。ひい婆さんと庭でままごとしてました。












バックホー練習とあぜ修復

今日は水が来ない日なので田んぼに水を入れることができません。
(6月半ばから9月初めまでの期間は節水のため、地域の水路全体が2日通水→2日断水を繰り返します。)

ですので、今水を入れるか次まで待つか、天気予報と田んぼの状態を少し先読みします。
ひとまず今日のところは入れたい水はあちこち入れてあるので、安心して他の事ができます。

IMG_3684_convert_20120626195508.jpg
練習します。山を左側に寄せてみました。

IMG_3685_convert_20120626195527.jpg
水路からの漏水であぜが崩壊寸前だったのですが、ついに修復!
(ケーキの型のようにあぜに板を置き、そこにスコップで土を入れて成形してみました。)

IMG_3686_convert_20120626195539.jpg
土を運び過ぎたので返品します。軽トラとはいえダンプなので頼もしい限りです。










溝切り終了とバックホー練習

ひとまず溝切りに区切りがついたので終了とします。
溝を切ると落水がスムーズで気持ち良く水管理ができますが、やはり最大の意味は田んぼの中を歩くこと!
長靴ごしに伝わる土の質感や、稲の生育状況、雑草の有無など、まぁ色々勉強になってるはずです・・・。
溝切り以外に田んぼの中を歩き回る機会なんてないですから。

IMG_3675_convert_20120625200114.jpg
1度溝切りしたのですが、土が柔らかすぎて溝が崩れたのでやり直します。
広々とした気持ちのいい風景です・・・。

IMG_3673_convert_20120625200143.jpg
とても自然豊かな気がします・・・。

IMG_3674_convert_20120625200157.jpg
実はすぐそこにイオンがあったりします・・・。

IMG_3676_convert_20120625200219.jpg
なぜかバックホーの練習しています。

IMG_3677_convert_20120625200233.jpg IMG_3678_convert_20120625200247.jpg
両手に操作レバー握るのでどっちがどっちだか分からなくなります。

IMG_3679_convert_20120625200306.jpg
ここ掘れわんわん・・・。

IMG_3680_convert_20120625200319.jpg
軽トラの荷台に土を積みます。

IMG_3681_convert_20120625200335.jpg IMG_3682_convert_20120625200348.jpg
春にトラクターのタイヤで壊してしまった路肩を直してきました。

バックホー面白かったので明日も練習してみます。







そろそろコシヒカリの中干し終了

コシヒカリを植えた田んぼの中干しを終えたいので、あちこち水を入れて回ります。

IMG_3665_convert_20120624224918.jpg
幻聴だとは思いますが、聞こえるんです。「水を入れてくれ」という声にならない声が・・・。
稲以外に話し相手がいないからでしょうか・・・。

IMG_3668_convert_20120624224839.jpg
本当は秋のコンバイン作業を楽にするためにガンガン地固めしておきたいのですが、それでは稲の健康によろしくない。
よろしくないので、これから水を入れたり抜いたりして色々と微調整していきます。

IMG_3669_convert_20120624225019.jpg
家裏53日目(たぶん・・・)。

IMG_3670_convert_20120624225052.jpg
水を入れたり、抜いたり・・・。

IMG_3671_convert_20120624225109.jpg
20時前なのに夕焼けです。日本海側は日が長い気がします。


サイクリング習慣化を目指します

時間が空いたので15時からサイクリングに出発です。

IMG_3644_convert_20120623202458.jpg
ニ王子岳の方向に向かってペダルをこぎます。

IMG_3645_convert_20120623202514.jpg
赤谷線の線路跡がサイクリングロードとして整備されています。

IMG_3647_convert_20120623202532.jpg
サイクリングロード沿いでは圃場整備の真っ最中。

IMG_3649_convert_20120623202604.jpg IMG_3648_convert_20120623202548.jpg
工事するかしないか、それが問題だ。
自転車道を挟んで向かいは工区から外れたのか、それともこの先工事の予定があるのか、いずれにせよ昔ながらの小さい田んぼが集まる場所では荒れ地が目立ちます。

(どこに行っても田んぼばかり見てしまう・・・。)

IMG_3650_convert_20120623202636.jpg
車ならわざわざ行かない場所にも恐る恐る突入。

IMG_3653_convert_20120623202732.jpg
辿り着いた先は加治川からの取水口でした。

IMG_3652_convert_20120623202745.jpg
偶然にも我が家の田んぼの水の源泉に遭遇です!
川底が見えるぐらい澄んでいます。自然の恵みと先人の水路工事に感謝です。

IMG_3658_convert_20120623202805.jpg
数年ぶりの自転車に心躍らされて、普段なら絶対に飲まないものを飲みました。
マンゴー味の炭酸ゼリーにナタデココまで入れる無茶ぶりです。

IMG_3660_convert_20120623202840.jpg
遠くまで来すぎて帰るのが辛い・・・。

IMG_3661_convert_20120623202859.jpg
大型トラックが通り過ぎた後の爆風に帽子が飛ばされました。
探したけれど見つかりません・・・。

IMG_3662_convert_20120623202916.jpg
サイクリングロードに復帰。廃線跡なので駅のホームが残ってます。

IMG_3663_convert_20120623202942.jpg
帰宅。2時間こぐとお尻が痛いです。
娘が「ぼうしさがしてあげるね」と庭を走り回ってました。












中干し状況の確認

午前中、小一時間だけ田んぼの見回り。

IMG_3640_convert_20120623200914.jpg
田んぼの中を歩いて土の乾き具合を確認します。

IMG_3641_convert_20120623200934.jpg
足跡がこの程度つく乾き具合だと最高なんですが・・・。

IMG_3642_convert_20120623200951.jpg
これでは埋まりすぎ・・・。

IMG_3643_convert_20120623201018.jpg
水路からの漏水がやっかいなので、足で踏みつけて余計な水の浸入を防ぎます。


溝切り

今日は「乾かないエリア」を集中的に溝切りです。
田んぼが違えば土も違いまして、落水したその日に溝を切れるような締まった土もあれば、落水して10日してもトロトロしてどうしようもない土もあります。

IMG_3635_convert_20120622193330.jpg
溝切り機は荷台に立てて運ぶべきです。分かっているけどついつい横置き・・・。

IMG_3636_convert_20120622193357.jpg
田んぼの土の表面は完全に水平ではないので、これ以上は自然に水は落ちません。
水が縦に浸透しやすい田んぼはこの状態でもすぐに乾くのですが、この田んぼはなかなか乾きません。
そんな沼みたいな田んぼもたくさんあります・・・。

IMG_3637_convert_20120622193415.jpg IMG_3638_convert_20120622193427.jpg
溝切って少しでも排水。

IMG_3639_convert_20120622193440.jpg
ただでさえ乾かない田んぼなのに、油断していたら水路がオーバーフローして水浸し・・・。
この「がっかり感」もまた田んぼの醍醐味のひとつです。




溝切り

水回りしつつ溝切り。

IMG_3620_convert_20120621223835.jpg
家の裏もようやく溝切り。

IMG_3621_convert_20120621223903.jpg
溝切れないほど乾いていましたが、水かけたら柔らかくなりました。

IMG_3622_convert_20120621224026.jpg
右側の植えていない田んぼ、竹が出てこないように水を入れておくの忘れてました。

IMG_3623_convert_20120621224046.jpg IMG_3624_convert_20120621224104.jpg
水路も掘りなおし、入水!

IMG_3625_convert_20120621224234.jpg
中干し終了のタイミングは悩みます。
今年は全体的に軽めの中干し&その後の間断灌水で土を締めていく作戦にします。
というわけで入水。

IMG_3626_convert_20120621224304.jpg
大きい田んぼは高低差がハチャメチャなので溝切り必須です。

IMG_3627_convert_20120621224320.jpg
油断できないのが水路からの漏水。
しみ出してきた水がそのまま排水されるように溝を切っておくと気分的に安心です。

IMG_3629_convert_20120621224356.jpg
調子悪いのでプチ修理。

IMG_3633_convert_20120621224429.jpg
一昨年は秋雨にやられてほとんど乾きませんでした。
泥んこ稲刈りほど切ないものはありません・・・。

IMG_3634_convert_20120621224445.jpg
まくら2本切ると不思議と安心します。


新潟市内散策

今朝は台風による暴風が予想されていたので、新潟市まで勤めに行く奥さまの送迎です。
台風は少し逸れて足早に去ってしまったので風は普通の強風程度でした。

IMG_3603_convert_20120620194942.jpg
さて、夕方までどうするか。

IMG_3604_convert_20120620195010.jpg
台風一過で涼しいくらいです。

IMG_3611_convert_20120620195057.jpg
信濃川の河口にある新潟市歴史博物館に来ましたが・・・休館日です。とほほ。

IMG_3609_convert_20120620195112.jpg IMG_3607_convert_20120620195125.jpg
きれいに整備されています。対岸には佐渡汽船の乗り場があります。

IMG_3618_convert_20120620195222.jpg IMG_3612_convert_20120620195206.jpg
関屋まで来ました。関屋分水資料館を見学。

IMG_3617_convert_20120620195245.jpg
奥に展望台が見えるので行ってみます。

IMG_3614_convert_20120620195302.jpg
立派な分水堰です。川を作るための工事にあたっては住宅700戸あまりが移転したそうです。

IMG_3615_convert_20120620195315.jpg
信濃川の水を海にバイパスすることで水量の調節をしています。

IMG_3616_convert_20120620195327.jpg
たびたび大洪水に見舞われてきた新潟の歴史と発展は治水なしには語れないのでしょう。
海に流れた血と汗と涙を感じます。

IMG_3619_convert_20120620195342.jpg
関屋分水近くの日本歯科大にある医の博物館に寄り道。
日本で唯一の医学博物館だそうです。
杉田玄白の「解体新書」の原本がありました。もちろん館内は撮影禁止。

夕方に少し車内で昼寝をし、奥さまを迎えに行く。
帰りに豊栄にあるカフェ「べつばら」で一緒にケーキを食べて帰宅。






歌詞の重要度とは・・・

邦楽は日本語なので(当然ですが・・・)歌詞がダイレクトに頭の中に入ってしまう。
だから聴いていると言葉ばかりが頭の中をグルグル回ってしまい、歌詞の良し悪しで歌手(農家をアーティストと呼ばないように、歌手をアーティストと呼ぶ必要はないかと)を判断してしまうこともある。
音楽は文学ではないのでそもそも歌詞に深い意味を持たせるのは表現過剰なのではないかと思うこともしばしば・・・。

IMG_3600_convert_20120620000001.jpg
Raining - Cocco 1998年
たぶん20代前半までは自分の中で凄くCoccoを受け入れていた時期があったと思う。
希望は「社会」ではなく「世界」に開かれていくものだという当時の流行思想の代表格だった。
分かりやすく言い換えるならば、「仕事や家族に恵まれていて嬉しい」のではなく、「青い空の下で生きていることが嬉しい」という感じだろうか。
しかし、自分もいつからか大人になってしまったのか(良くも悪くも・・・)、「生きる理由」を切に歌わざるを得ない苦しみにシンクロできなくなってしまった。
それでもCoccoを聴くと未だに胸に疼きを感じる。
果たしてそれほどまでに「生きる理由」を探さなくてはならない時代(自分)だったのだろうか・・・。


IMG_3602_convert_20120620000026.jpg
浜崎 あゆみ a song for ×× 1999年
これは浜崎あゆみのデビューアルバムで、もう「迷盤」中の名盤。
社会にも世界にも突き抜けられない閉塞感には息苦しさすら感じるけれど、誰もが必ずぶつかるであろう自己愛と承認欲求を克服していく過程だと思うと、決して他人ごとではなかったはずの思春期を痛烈に思い出させられる。
この動画は2003年のものだけれど、この気迫はカリスマと呼ばれるに十分なものがあった。


IMG_3598_convert_20120619235920.jpg
Fayray baby if, 2001年
世界に希望を見出す理由も、社会に絶望する理由もない。
あるのは「私」と「あなた」という関係だけで、そこにこそすべてが存在してしまう・・・。
という「愛こそがすべて」をFayrayは見事に歌ってしまっている。
「私」のことを「僕」と歌う女性歌手では決して辿り着けない答えがここにはある。
与える愛を歌うことの難しさ、またそのように生きることの難しさを考えさせられる。


IMG_3599_convert_20120619235948.jpg
Superfly - Wildflower 2011年
初めて見たときジャニス・ジョプリンかと思った。
Superflyはロックが表現であることの正攻法であったことを確信させてくれる。
単純にカッコイイことはそれだけでエンターテイメントで、正しいエンターテイメントは希望を明日に繋げるのに十分に事足りる。
ひねくれずに真っ直ぐであることは美しい。


IMG_3601_convert_20120620000014.jpg
Janis Joplin - Move Over 1971年
そしてジャニス。
結局のところ、僕が洋楽志向なのは歌詞も「音」として聴けてしまうからなのだと思う。

本降りになる前に落水回り

日中は曇りベースの予報でしたが、朝から雨が降っています。
今夜から明日にかけて台風の影響で大雨が予想されるので、まだ落水していない田んぼの水を落とします。

IMG_3579_convert_20120619100614.jpg
家裏48日目。
ここは他の人との用水の兼ね合いがないので夜中に水を入れっぱなしにしておきました。

IMG_3580_convert_20120619100638.jpg
除草剤の都合で溝切りをせずに中干し終了したので、水を入れて土を柔らかくしてから溝切りをします。

IMG_3581_convert_20120619100651.jpg
でも雨なので今日は溝切りやめときます。
今日明日放っておく(雨なので・・・)には水が入りすぎているので、浅水になるように排水管を下げます。

IMG_3582_convert_20120619100732.jpg
田植え最終の5月18日、19日に植えたコシヒカリの田んぼ数か所を落水します。

IMG_3583_convert_20120619100800.jpg
最近は猛暑なので田植えは遅い(GW連休を標準とした場合)ほうが良いと言われています。
穂が出る時期に猛暑だと高温障害が出るというんですね、それで遅く植えて穂が出る時期を少しでも遅らせようというわけです。
ちなみに我が家はスケジュールの都合で遅植えなのであって、意図的に遅植えを実行しているわけではないです・・・。

IMG_3586_convert_20120619100816.jpg
田んぼの違いと稲の違い。それぞれ違う田んぼから引っこ抜いてみました。
同じ条件で植えたコシヒカリですが、田んぼが違えば育ちも違います。

IMG_3587_convert_20120619100838.jpg IMG_3589_convert_20120619100906.jpg
IMG_3588_convert_20120619100855.jpg IMG_3590_convert_20120619100919.jpg
茎や葉は同じに見えますが、根の勢いが全然違います。
が・・・、秋の収穫時にしか結果はでませんので、どちらがどうというわけではなく、たまにはこうして稲の姿の勉強です。












溝切り

20日は台風の影響で大荒れになるというので、その前にあちこち溝切り。
ほとんどの田んぼは中干しで乾かしている最中ですので、あまり水たまりになると困ります。

IMG_3566_convert_20120618210050.jpg
家裏47日目。乾き具合を確かめるために田んぼの中を歩きます。

IMG_3567_convert_20120618210111.jpg
乾きすぎてもぬかりすぎてもよろしくないので判断に迷います。
考えた結果・・・水を入れることにします。

IMG_3575_convert_20120618210157.jpg
エンジンをかけようとしたらスターターの紐が切れました。
田んぼの真ん中で適当に分解して修理したのですが、引っ張った紐が戻らないという残念な結果。
お手上げなので農機具屋さんに持って行って直してもらいました。

IMG_3576_convert_20120618210221.jpg
排水できない田んぼ。

IMG_3577_convert_20120618210238.jpg IMG_3578_convert_20120618210250.jpg
水路が隣の田んぼで塞がっているので排水が流れません。
(他の人の管理水路なので勝手に掘れません・・・)
自分の田んぼの分の水路をできるだけ深く掘って排水池を作ります。
(放っておけば乾くのですが、溝切りに疲れたので気分転換です)

さて、台風4号の進路はいかに。
 



夕方溝切りと除草剤の薬害

今日も朝から小雨ということで、家族で買い物に行き外で昼食も食べてきました。

IMG_3559_convert_20120617180513.jpg
午後には雨も上がったので夕方前から少し溝切り。

IMG_3560_convert_20120617181138.jpg
この田んぼ、よく見ると写真中央の稲の色が褪めています。

IMG_3561_convert_20120617181205.jpg
接近してみます。周りの稲と比べると全然成長していません。
この縦のラインには暗渠(あんきょ)という排水管が埋まっています。
一昨年に暗渠工事が入って排水性は向上しましたが、配管の真上だけは透水性が良すぎるために除草剤の成分が集中してしまい薬害を起こすのか、同時に肥料成分もすっぽりと抜け落ちてしまうのか、とにかく何らかの要因で稲の成長が阻害されています。

IMG_3562_convert_20120617181220.jpg
さらに接近。すぐ隣の稲は普通ですが・・・

IMG_3563_convert_20120617181242.jpg
・・・残念な姿です。

※除草剤とは田んぼ内の雑草抑制のための薬です。除草剤にはその目的と効果によって初期剤・中期剤・後期剤とありますが、最近は初期剤と中期剤を合体させた初中期一発剤というのが基本のようです。
※我が家のコシヒカリも特別栽培米ですが、特別栽培米の農薬についての基準は農薬成分数が慣行栽培の5割以上低減という決まりがあります。
※特別栽培米の農薬成分数は8成分以下です。初中期一発の除草剤は2成分入っています。

大規模な合理的稲作という観点から考えればこの程度の薬害を気にする必要はないのでしょうが、こういう事例は今後のためにとても勉強になります。

IMG_3565_convert_20120617181300.jpg
家裏46日目の「こしいぶき」。

IMG_3564_convert_20120617181313.jpg
稲の成長は早いですね。






夕方溝切り

雨予報だったので昨日のうちに今日は休む段取りで仕事を済ましておきました。

IMG_3546_convert_20120616202545.jpg IMG_3548_convert_20120616202606.jpg
天気は小雨です。午前中は生活用品の買い物へ。一応田んぼの前を通ります。

IMG_3550_convert_20120616202649.jpg
手前ばっかり乾いています。

IMG_3551_convert_20120616202706.jpg
基盤整備田は何枚もの田んぼを強引に1枚にしているので土の質にムラがあります。

IMG_3558_convert_20120616202956.jpg
午後は本屋で稲作の本を2冊購入。

IMG_3554_convert_20120616202722.jpg
雨が止んだら体を動かしたくなったので夕方から溝切り。

IMG_3555_convert_20120616202742.jpg
家裏45日目。中干しを終えて水を入れたいところですが、除草剤が流れてしまうのがもったいないので様子見です。
今また雨が降り出したので丁度いい潅水です。




落水回りと溝切りと

田んぼの水を落としては溝切りできそうなところを探し、すでに干してある田んぼは乾き具合を確かめながら田んぼを巡ります。

IMG_3538_convert_20120615194744.jpg
水量が強烈な水路沿いは水がしみ出してきて中干しの邪魔をします。

IMG_3539_convert_20120615194821.jpg
3日前に水を落とした田んぼがもう乾いてしまったので中干し終了です。
この後しばらくは急激な潅水で根を傷めないように水を浅く入れては軽く乾かしたり・・・を繰り返す水管理をすることになっています。

IMG_3540_convert_20120615194838.jpg IMG_3541_convert_20120615194850.jpg
あちこち溝切り。田んぼの状態がすべて違うので、田んぼの中を歩くと色々と勉強になります。

IMG_3542_convert_20120615194910.jpg IMG_3543_convert_20120615194924.jpg
排水!水の勢いであぜが壊れないように、基本はこのようにビニールを敷きます。(面倒なのでほとんどやりませんが・・・)

IMG_3544_convert_20120615195017.jpg
家裏44日目。ん!?

IMG_3545_convert_20120615195030.jpg
6日目にして除草剤が効いてきたようです。雑草の先端が枯れてきました。









星峠の棚田と美人林

快晴の休日は最高です。

IMG_3466_convert_20120614214538.jpg
時間短縮のため聖籠新発田から柏崎まで高速を使います。

IMG_3470_convert_20120614214559.jpg IMG_3473_convert_20120614214612.jpg
阿賀野川下流(左)と信濃川に架かる「ときめき橋」(右)。

IMG_3485_convert_20120614214724.jpg IMG_3486_convert_20120614214742.jpg
柏崎市から十日町市方面に抜ける国道353号を走ります。

IMG_3487_convert_20120614214802.jpg
道路沿いの風景。かつて棚田だった形跡が確かにあります。

IMG_3488_convert_20120614214817.jpg
遠くに作付けされている棚田が見えます。

IMG_3490_convert_20120614215000.jpg
石碑がありました。

IMG_3489_convert_20120614215012.jpg
主を失った田畑はまた森に還っていきます。

IMG_3491_convert_20120614215037.jpg
条件の良さそうな棚田は作付けされています。

IMG_3495_convert_20120614215220.jpg
水路の跡があるのでここも棚田だったはずです。

IMG_3499_convert_20120614215238.jpg
国道403号に入ります。半ば観光化されています。

IMG_3501_convert_20120614215316.jpg IMG_3500_convert_20120614215303.jpg
途中に記念碑がありました。

IMG_3502_convert_20120614215345.jpg
着きました。案内図完備です。

IMG_3503_convert_20120614215359.jpg
星峠の棚田。(十日町市。旧・松代町)

IMG_3511_convert_20120614215427.jpg
トイレまでありますが・・・

IMG_3510_convert_20120614215440.jpg
観光地化されてしまったゆえの問題点もあるようです。

IMG_3514_convert_20120614215516.jpg
観光イメージとは裏腹に、奥へ進むと耕作放棄地が目立ちます。

IMG_3516_convert_20120614215553.jpg IMG_3515_convert_20120614215536.jpg
棚田を後にして国道に戻ります。「美田悠久」の言葉に力をもらいました。

IMG_3519_convert_20120614215632.jpg
昼食。北越急行「ほくほく線」の松代駅に道の駅が併設されています。

IMG_3520_convert_20120614215649.jpg IMG_3521_convert_20120614215704.jpg
ここまできたので松之山町(現・十日町市)にある美人林に立ち寄ります。

IMG_3522_convert_20120614215813.jpg
美人林。細く伸びたブナの木の姿からこの名がついたそうです。

IMG_3523_convert_20120614215830.jpg
鳥のさえずりだけが響きます。

IMG_3529_convert_20120614215910.jpg
帰り道にさらに寄り道。

IMG_3528_convert_20120614215923.jpg
高柳町(現・柏崎市)の茅葺環状集落に立ち寄りました。
大々的に観光地化されていないのでとても雰囲気があります。
素晴らしいロケーションなので奥さまを連れてもう一度訪れようと思います。

IMG_3533_convert_20120614215952.jpg
帰りは小千谷インターから高速を使いました。
栄パーキングで3時間も寝てしまい、起きたら19時でした・・・とほほ。

























早朝水回り

落水と溝切り作業の段取りに余裕ができたので今日は休日にします。

IMG_3463_convert_20120614213645.jpg
夜の間に少しずつ水を入れていた田んぼだけ確認に行きました。
日中は水量の都合でなかなか水がかからないので、やむを得ず夜がけです。
早朝サイクリング最高です!

水回りと溝切りと

落水するかしないか、それが問題だ。

IMG_3450_convert_20120613195446.jpg
朝から飛行船が飛んでいました。

IMG_3451_convert_20120613195516.jpg IMG_3452_convert_20120613195528.jpg
この田んぼは何とかなる限りで良質米にしたいので、早めの中干しでさっさと溝切りです。

IMG_3453_convert_20120613195543.jpg
ザル田のヒエが伸びてくる・・・。除草剤が効いている気がしません。

IMG_3454_convert_20120613195603.jpg
切れそうなところは次々に溝切り。

IMG_3455_convert_20120613195628.jpg
あー・・・

IMG_3456_convert_20120613195642.jpg
もっと早くに干せばよかった・・・と。

IMG_3457_convert_20120613195706.jpg
でも水路の関係でなかなか落水できません。

IMG_3458_convert_20120613195724.jpg
さまざまなアイテムを使って水の浸入を防ぎます。

IMG_3459_convert_20120613195740.jpg
ついつい水路も補修してしまいます。

IMG_3460_convert_20120613195756.jpg IMG_3461_convert_20120613195809.jpg
水路の水面が田んぼの水面より高くて落水すらできない田んぼ。
いつかきっと水路の水が引く時を狙います。

IMG_3462_convert_20120613195825.jpg
家裏42日目。こちらも効く気配が感じられず。




中干し開始と溝切り

最初の田植えから1か月以上過ぎましたので、これからは順々に落水していきます。

IMG_3433_convert_20120612195632.jpg
落水!

IMG_3434_convert_20120612195653.jpg
こんな生育具合です。まぁ良いのではないでしょうか。

IMG_3437_convert_20120612195707.jpg IMG_3438_convert_20120612195721.jpg
お昼まで微妙な時間だったのでスコップで水路を修理。
路肩から崩れた土はまた路肩に戻さないと道路が崩壊してしまいます。

IMG_3439_convert_20120612195741.jpg
強風で草刈りが面白くないので溝切り機にチェンジ!

IMG_3440_convert_20120612195758.jpg
1年ぶりに引っぱり出したら燃料ホースが破れてました・・・。
破れた部分をカットしてテープで補強です。

IMG_3441_convert_20120612195836.jpg
今シーズン初の溝切り。面白れぇぇぇぇ!!!!

IMG_3442_convert_20120612195901.jpg
たまり水が溝を走りますので今後の排水力がアップします。

IMG_3443_convert_20120612195919.jpg
接地面はこんな感じです。

IMG_3444_convert_20120612195937.jpg IMG_3446_convert_20120612195953.jpg
溝と溝の交差点は手でつなげます。

IMG_3448_convert_20120612200027.jpg
特に隅のたまり水の水はけが良くなります。

IMG_3447_convert_20120612200045.jpg
ガボガボ排水されていきます。

※中干しの効果
・過剰生育を防ぎます。(湛水していると稲は不必要に育ってしまいます)
・土中に溜まったガスを抜いて根を健康にします。
・田面をある程度固めて秋にコンバインが入れるように準備します。
※溝切りの効果
・田んぼ内に水路を作ることで水の出入りがスムーズになります。(水管理が楽になります)
・ぬかるんだ田んぼを歩くので足腰のトレーニングになります・・・。

IMG_3449_convert_20120612200102.jpg
家裏田んぼの除草剤はまだ効いてないようです。












雑草対策と草刈りと

帰省している間に北陸地方も梅雨入りし、一気にムシムシ感がUPです。

IMG_3408_convert_20120611222234.jpg
家裏40日目。よーく見ると・・・

IMG_3410_convert_20120611222404.jpg
家裏の田んぼに毎年出現する強力雑草が今年も現れました。

IMG_3411_convert_20120611222430.jpg
今年からお借りした超ザル田。よーく見てみると・・・

IMG_3412_convert_20120611222446.jpg
すぐに乾く田んぼは除草剤の効きが悪いので草が残りました。

IMG_3413_convert_20120611222501.jpg
こちらも毎年要注意・・・

IMG_3414_convert_20120611222514.jpg
ポツポツと出てます。少し様子を見ます。

IMG_3415_convert_20120611222538.jpg IMG_3417_convert_20120611222551.jpg
家裏は手遅れになる前に除草剤対応します。
落水状態で散布しますのでこのまま中干しに入ります。

IMG_3418_convert_20120611222609.jpg
飽きずに草刈り。

IMG_3419_convert_20120611222629.jpg IMG_3420_convert_20120611222644.jpg
気になるので水路の草を手で抜きます。コンクリート化されていると楽なのですが・・・。
自然のままの環境というのは手作業で維持管理しなければなりません。

IMG_3421_convert_20120611222709.jpg IMG_3422_convert_20120611222721.jpg
道具を載せ替えて本日の最終ミッション。

IMG_3425_convert_20120611222734.jpg IMG_3427_convert_20120611222751.jpg
ザル田も手遅れになるまえに除草剤対応です。こちらは湛水状態で散布します。
たまたま買い物帰りの奥さまが通りかかったので写真撮ってもらいました。
















帰省3日目

お隣の栃木県那須町にある那須どうぶつ王国に行きました。

IMG_3355_convert_20120611220655.jpg IMG_3356_convert_20120611220714.jpg
庭の砂利を散らかして遊ぶので自分で掃除させます。

IMG_3379_convert_20120611220731.jpg
どうぶつ王国。

IMG_3389_convert_20120611220854.jpg
高原の風が心地よいです寒いです・・・。

IMG_3371_convert_20120611220748.jpg IMG_3380_convert_20120611220802.jpg
娘が楽しそうだと嬉しいです。

IMG_3383_convert_20120611220817.jpg IMG_3388_convert_20120611220836.jpg
オットセイのショーを見ました。このくらい賢くなりたいものです・・・。

IMG_3406_convert_20120611220910.jpg
新潟へ帰ってきました。途中で田んぼに寄ってから帰宅。






帰省2日目

福島県いわき市にある水族館アクアマリンふくしまに行きました。

IMG_3308_convert_20120611214857.jpg
実家の庭からの眺め。新潟は平野ですので山あり谷ありの景色が懐かしいです。

IMG_3309_convert_20120611214917.jpg IMG_3314_convert_20120611214930.jpg
アクアマリンふくしま。

IMG_3316_convert_20120611214945.jpg
目がチカチカします・・・。

IMG_3324_convert_20120611215009.jpg
人が住む世界だけがすべてではないようです。

IMG_3328_convert_20120611215022.jpg
ラッセンの絵画みたいです。

IMG_3333_convert_20120611215035.jpg
近代的なデザインで快適な水族館です。

IMG_3320_convert_20120611215050.jpg
震災の爪跡はいたるところに。





帰省1日目

奥さまと娘を連れて福島に里帰りです。

IMG_3302_convert_20120611213149.jpg
実家。

IMG_3303_convert_20120611213218.jpg
コンパクトな庭です。

IMG_3304_convert_20120611213233.jpg IMG_3307_convert_20120611213245.jpg
花壇。

IMG_3305_convert_20120611213258.jpg IMG_3306_convert_20120611213309.jpg
家庭菜園。

水回りと草刈り


明日から3日間、家族で福島の実家に遊びに行くので可能な限り草を刈ります。

IMG_3280_convert_20120607201135.jpg IMG_3291_convert_20120607201152.jpg
自走式草刈り機では刈れない部分を刈払機で刈ります。

IMG_3281_convert_20120607201224.jpg IMG_3282_convert_20120607201244.jpg
奥さまが遊びに来て写真を撮ってくれました。

IMG_3285_convert_20120607201257.jpg IMG_3286_convert_20120607201312.jpg
大人と普通に会話ができる2歳2か月の娘。なぜそんなに話せるのか謎です・・・。

IMG_3295_convert_20120607201336.jpg IMG_3296_convert_20120607201348.jpg
草を刈ると不思議と稲の存在感が増します。

この3日間の水回りは父にお願いしました。
12月以来の連休です。
ブログは帰ってきてからまとめて更新します。



草刈りと水回りと

7時に起きてご飯食べて、BS3で梅ちゃん先生見て・・・。

IMG_3267_convert_20120606195455.jpg
補植苗を捨てます。(田植え機で植え付けできなかった場所の手植え用の苗です)
昨日あちこち水をたっぷり入れたので今日は作業にゆとりがあります。

IMG_3268_convert_20120606195533.jpg
草刈り1回目の後半戦に残しておいた基盤整備田を刈ります。長い・・・。

IMG_3270_convert_20120606195618.jpg IMG_3271_convert_20120606195629.jpg
あぜ際。

IMG_3272_convert_20120606195654.jpg IMG_3273_convert_20120606195704.jpg
わが家の田んぼ経営の大黒柱、1町田3枚続きです。
(田んぼの単位:1町=10反=1ヘクタール=100アール)

IMG_3274_convert_20120606195716.jpg
向いにもう1枚。

IMG_3275_convert_20120606195732.jpg IMG_3276_convert_20120606195741.jpg
油断するとネロネロ君にやられます。

IMG_3278_convert_20120606195800.jpg
ほとんど終日草刈り。

IMG_3279_convert_20120606195810.jpg
鉄塔の向こうにわが家があります。


水回りと草刈り

5時に起きたのに、起きたのに、2度寝・・・。
最近は8時半~18時半の田んぼ生活なので、労働時間としては程よいのですが・・・。
でも、仮に早朝の2時間を草刈りに充てたとすると、間違いなく昼食後に昼寝するでしょう

IMG_3259_convert_20120605200727.jpg
刈払機だけだったら完全にギブアップしてます。

IMG_3260_convert_20120605200755.jpg
除草剤の使用は最低限に抑えたいものです。

IMG_3261_convert_20120605200813.jpg
今年はまだあぜ草に除草剤は使っていません。

IMG_3262_convert_20120605200839.jpg
5月1日植えのこしいぶきです。

IMG_3263_convert_20120605200856.jpg
1ヶ月でここまで育ちます。引っこ抜いて茎数を数えます。

IMG_3264_convert_20120605200911.jpg
16本ありました。そろそろ干そうかなぁ・・・。

IMG_3265_convert_20120605200938.jpg
17時にあがろうかとも思いましたが、ついつい寄り道して草刈り。

IMG_3266_convert_20120605200955.jpg
日が長くなったので太陽を時計代わりにしてると夕飯に遅刻します。





水回りと少し草刈り

田んぼは早朝のうちに水を入れて、日中は水温を上げたほうがいいのです。

IMG_3244_convert_20120604193757.jpg
わかっているけど起きれない~♪
・・・。家裏33日目。

IMG_3245_convert_20120604193816.jpg
中干し開始しても良さそうなオーラ出してます。

IMG_3247_convert_20120604193845.jpg
ひとまず草刈り。個人的にはもっと伸ばしてから刈りたいのですが・・・。

IMG_3248_convert_20120604193857.jpg
都合もあるので・・・えい!

IMG_3249_convert_20120604193925.jpg IMG_3250_convert_20120604193937.jpg
水の引き込み具合を調整します。

IMG_3251_convert_20120604193952.jpg IMG_3252_convert_20120604194005.jpg
主水路から枝分かれしていきます。

IMG_3255_convert_20120604194026.jpg IMG_3256_convert_20120604194039.jpg
ここは水路がコンクリート化されてません。昔ながらの風景です。

IMG_3257_convert_20120604194059.jpg
合間に草刈り。

IMG_3258_convert_20120604194114.jpg
昨日お休みしたので水をかけるところが沢山ありました。

最近ほとんど雨が降りません。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。