A NET ~あねっと~

稲作専業農家の素敵な日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

穂肥終了とその他色々

「暑い・・・」以外に思うことがありません。暑い・・・。

IMG_4098_convert_20120731214742.jpg
昨日のサウナ状態は耐えられないので、少し早起きで早朝収穫。でも、暑い・・・。

IMG_4101_convert_20120731214841.jpg
オクラを出荷後、穂肥ラストのエリアへ。
午前中だけでは振りきれませんでした・・・。

IMG_4103_convert_20120731214907.jpg
家裏田んぼ。
15時までエアコンの効いた部屋で昼寝をし、おにぎりを1つ作って食べてから出動。

IMG_4104_convert_20120731214924.jpg
土手の草も伸びてきましたが、伸びる勢いのピークは過ぎた気がします。

IMG_4105_convert_20120731214943.jpg
途中でコンビニに寄り熱中症対策を強化。やはり水だけでは体液が薄まって危険です。

IMG_4107_convert_20120731215000.jpg
荷台ごちゃごちゃ。予防薬振ります。

IMG_4108_convert_20120731215015.jpg
移動して穂肥の続き。

IMG_4109_convert_20120731215038.jpg
あぜ草。
無事に穂肥終了。あとは過ぎる(倒伏)も八卦、足りぬ(減収)も八卦。
水を止めたり抜いたりして帰宅。

IMG_4110_convert_20120731215059.jpg
オクラ採り。18時過ぎると少し涼しいですね。

IMG_4111_convert_20120731215115.jpg
最後に裏の田んぼの水を止める。無事に7月が終わりました。













スポンサーサイト

予防薬散布とか色々

父が泊りがけで登山に行ってしまったので色々と。

IMG_4085_convert_20120730213917.jpg
久しぶりにオクラ採り。この時期のハウス作業は体力消耗が激しいですね。

IMG_4086_convert_20120730213941.jpg IMG_4087_convert_20120730213955.jpg
婆さんの畑周りと田んぼの草刈り。
この後、熱中症寸前になったので慌てて帰宅し水浴びをする。冷水を10分浴びても体が熱い。

IMG_4088_convert_20120730214042.jpg
少し横になって楽になったので、自家用コシヒカリに予防薬を散布しに行く。

IMG_4089_convert_20120730214103.jpg
自家用なので無農薬でもいいのかもしれませんが、もしも病気が出てしまうと近隣の田んぼに多大な迷惑がかかりますからね・・・。
これは粒剤(田んぼの水に溶けて効く)なので飛散が少なく、家の周り等に使いやすいです。
周りに田んぼしかなければ粉剤(かたくり粉まき散らす感じ)でモクモクやります。
大きい田んぼはラジコンヘリ(ヘリで散布)もお願いしてます。
小さくて細かい田んぼは父が噴霧器で散布してます。
とまぁ、選択が豊富なわけです。

IMG_4090_convert_20120730214123.jpg
夕方もオクラ採り。暑い。

IMG_4091_convert_20120730214140.jpg IMG_4092_convert_20120730214153.jpg
プチヴェールに水やりして・・・。

IMG_4093_convert_20120730214208.jpg IMG_4094_convert_20120730214222.jpg
ブロッコリーの苗に水やりして・・・。

IMG_4095_convert_20120730214237.jpg
トマトをつまみ食い。

IMG_4097_convert_20120730214301.jpg
日暮れて今日もビールが美味い。








穂肥振りと草刈りと

午前中は穂肥振り、午後は草刈り。今日も暑い。
外にいる間だけでも水2リットル、缶コーヒー2本、ビタミン系の炭酸1本、スポーツドリンク2本飲んでしまいました。
ちょっと糖分取りすぎですね。

IMG_4077_convert_20120729212704.jpg
自分で水入れてました。

IMG_4078_convert_20120729212734.jpg
もう少しなので頑張りますか。

IMG_4079_convert_20120729212755.jpg
ミルキークイーン。

IMG_4080_convert_20120729215229.jpg
穂のサイズもいい感じではないでしょうか。

IMG_4081_convert_20120729213239.jpg
後半に植えたコシヒカリも振ってしまう。

IMG_4082_convert_20120729213257.jpg IMG_4083_convert_20120729213312.jpg
午後はあちこち草刈り。

IMG_4084_convert_20120729213324.jpg
早く植えた早稲は穂が出揃ってきました。

夏の歌

夏の歌を2曲。

渡辺美里 / 夏が来た!

夏休みに田舎に帰省して学生時代の恋人に会うというだけ(笑)の歌なのに、その想いを「生きているまぶしさ」と表現できてしまう渡辺美里の歌声は本当に素晴らしい。何よりこの時代の歌はそこで歌われている時間軸(過去~現在~未来)が明確で、その現実的なところに改めて感動を覚える。

ここには時代に対する疲労もなく、過去を懐かしむだけの逃避もなく、「次の夏も、その次の夏も、いついつまでも離れたくない」という未来へ向かう具体的な意識だけがある。聴いているだけで本当にすがすがしい。

MY LITTLE LOVER/ 白いカイト

写実的な渡辺美里に対してマイラバはかなり抽象的。岩井俊二の映画の世界にも通じるイノセンスや退廃が見事な世界感覚で歌われていくところにマイラバの素晴らしさはあるのだけれど、じゃあこの感覚をどう現実に応用していくかというところに課題が残ってしまったのではないかと思う。

1番の歌詞の最後に「心の中つないだ恋のタイトロープ渡りたい」とあるように、歌の主人公はおそらく恋について何か思うところがあるのだろうけど、自分と相手の具体的な状況はここでは歌われない。「気づかぬフリをして時は流れた」という言葉から、何か過去の傷を連想することはできるけれど、そこから一気に「世界は私だけおいて回り続ける」という自意識の砂漠に迷い込んでしまう。

そして空を見上げる。少年が凧を揚げている。そこに何か世界からの啓示を見い出し、主人公は「雲の切れ間からこぼれる輝く予感を集め」ようとする。それは「まるで地球と話をしているみたい」で、「まるで宇宙とダンスをしているみたい」だと歌われ、「永遠に」という言葉で結ばれる。

人間関係の挫折から、世界(ここでは夏の空)を通じての再生が映画ばりに描かれてはいるけれど、「で、この先どうしていくのか」という課題が解決されないもどかしさ。そのもどかしさが解釈の可能性による広がりを生むのも確かだけれど、人が現実的に生きていくための感受性としては少し弱い。

マイラバを聴いていると何もかも放棄して眠ってしまいたくなる心地よさがある。密室の午睡で見る夢。世界は輝いていた。夢から覚めた夕暮れ時。さて明日からどうしよう。そんな感じ。



リボンの国の音楽会

ハローキティの音楽会を聴きに新潟市民芸術文化会館りゅーとぴあに行ってきました。
「りゅーとぴあ」ってネーミングが見事ですね。
新潟市は柳の町なので柳都(りゅうと)+ゆーとぴあ=りゅーとぴあ。
まぁ、語呂合わせとギャグは紙一重なんですが・・・。

IMG_4076_convert_20120728200646.jpg
0歳から入場できるクラシックコンサートっていうコンセプトが素晴らしい。
ですので、楽器の音と子供の泣き声の音量が同じです。(笑)
1部30分・休憩15分・2部30分という構成は先日のしまじろうコンサートと同じです。
娘は飽きずに頑張ったようですが、バイオリンの生音の気持ちよさで僕が寝てしまいました。
最近は娘の成長が著しいので、時々はこうして新しい引出しを作ってあげたいものですね。

穂肥振り

午前中は家のフローリングのワックス塗りをするので、早朝のうちに軽く水回り。

IMG_4062_convert_20120727204708.jpg IMG_4063_convert_20120727204730.jpg
マイルームもピッカピカになりました。

IMG_4064_convert_20120727204745.jpg
午後から穂肥振り。今日もとっても暑いですね。

IMG_4065_convert_20120727204803.jpg
自家用&販売用田んぼのコシヒカリは2回目も有機100%にしてみます。
ほとんど気分の問題のような気もしますが・・・。

IMG_4067_convert_20120727204821.jpg
5割低減(特別栽培)ミルキークイーン。
1回目は有機100%でしたが、そこそこ効いている感じがします。
2回目は有機と化成と半々ブレンド肥料にします。

IMG_4070_convert_20120727204836.jpg
茎を割って穂の長さの再確認をしてみましたが、超まちまち。
全体的に左の穂だと早すぎ、右の穂だと遅すぎ・・・、ですので、まぁ自分の中で勝手に平均を取って「今こそが振りどき!」と思い込むわけです。

IMG_4071_convert_20120727204855.jpg
荷台も軽くなりました。もう1エリア振りたかったのですが、時間も体力も限界・・・。

IMG_4072_convert_20120727204915.jpg
ひとり深呼吸。贅沢なひとときです。

IMG_4075_convert_20120727204944.jpg
あちこち水をかけまくっているので止めに回る。日が暮れそうです。

IMG_4073_convert_20120727204930.jpg
夕方になると稲に露が上がってきます。(微かに露の点々が写ってます)










刈払機講習会

刈払機講習会に参加するため農業研修センターに行ってきました。
一応免許証サイズの修了証がもらえます。

IMG_4055_convert_20120726211735.jpg
様々な品種の稲が展示してありました。

IMG_4056_convert_20120726211756.jpg
帰りにあちこち田んぼを回ってから帰宅。
ミルキークイーンの穂がちょうど2回目適期の雰囲気を醸し出していましたので、明日穂肥を振ろうと思います。
(写真はこしいぶきですけど)

草刈りと色々

朝から雨模様ですが、微妙な止み間が労働意欲をそそります。
今日は田んぼの用水も来ない日なので、まぁ草刈りでもします。

IMG_4044_convert_20120725194351.jpg
この中に木が隠れているのでノコギリで切ります。

IMG_4045_convert_20120725194416.jpg
下手くそなのでノコギリが折れました・・・。

IMG_4046_convert_20120725194435.jpg
U字溝が入っていない水路はザリガニがいますけど、管理が大変ですね。

IMG_4047_convert_20120725194449.jpg
水路の中に海ブドウみたいな草がビッシリ生えていて、水の流れを妨害してました。
ビッシリすぎて全く水が流れません。

IMG_4048_convert_20120725194504.jpg
いやはや。やむを得ずすくい上げます。でも、自分のところだけ掃除しても、上流もビッシリなので意味がないという。
上流は他の人の管理地(耕作放棄地ですが)なのでどうしようもないのですが・・・。

IMG_4049_convert_20120725194518.jpg
どうしようもないのですが、もう我慢できないのでずーっと奥まで掃除してしまいます。
夏の手作業の限界ギリギリで、こういうときに人は熱中症になるのかもしれないと思いました。

IMG_4050_convert_20120725194533.jpg
あちこち草刈り。

IMG_4054_convert_20120725194608.jpg IMG_4053_convert_20120725194555.jpg
早稲は続々と穂が出てきています。






早朝草刈りとしまじろうコンサート

今日はしまじろうコンサートに出かけるので、久々に早起きして草刈り。

IMG_4039_convert_20120724213414.jpg
4時にアラームをセットしてみたら意外にも起きれました。
こうして朝日が昇るのを見ていると、我々は宇宙の法則の中で生かされているだけなんだなぁ、と改めて思います。
こういった謙虚さってまたすぐに忘れてしまうんですけど、そういうところから感じて生まれる優しさや強さを持って人と接したり、物事に取り組んだりできたらなと思います。
まぁ、これもまた忘れるんですけど。朝日は魔法使いですな。

IMG_4040_convert_20120724213448.jpg
新潟テルサにしまじろうが来ました。
1部30分・休憩15分・2部30分という子供の集中力ギリギリの構成だったんですけど、娘は飽きることなくそれなりに集中して観ていました。

IMG_4043_convert_20120724213514.jpg
帰宅後、昼寝して起きると夕方でした。草刈りの続きをする気力も体力もなく断念。







穂肥振りと草刈りと出穂

2日も休むと動くのがおっくうですなぁ。

IMG_4030_convert_20120723221146.jpg
程よい暑さです。後半に植えた早稲に2回目の穂肥を振ります。

IMG_4031_convert_20120723221443.jpg
と、張り切って出発するものの、2日も放置していたので田んぼがあちこち乾いていました。
寄り道しながらあっちもこっちも水をかけていたら他も気になってしまい、結局ほとんどの田んぼに行く羽目に。
寄り道するたびに茎を割って穂の大きさを確認していたらハマり込んでしまい、穂肥の現場までなかなか辿り着けません。
で、肝心の穂肥振りですが、2日いない間に少し適期を逃しました。予想以上に穂が大きくなりすぎていました。
まぁ、そういうときもあるでしょう。

IMG_4035_convert_20120723221613.jpg
夕方、微妙な時間から草刈りにハマり込んでしまい帰宅時間の適期も逃しました。
忘れそうなほどあちこち水をかけてしまったので、どこの田んぼだったか思い出しながら田回り。それから帰宅。

IMG_4037_convert_20120723221709.jpg
ちょこちょこと穂が出てました。

IMG_4038_convert_20120723221728.jpg
出穂(しゅっすい)と呼ぶほどでもなく、せっかちな走り穂でございます。
いや、しかし、何度見ても感動的な姿です。

C級インストラクター講習会

昨日、今日とスノーボードのC級インストラクター講習会に行ってきました。
会場は上越市内だったので、贅沢にも泊りがけでございます。
胎内仲間4人で行けることになりましたので、ちょっとした遠足気分で楽しむことができました。

スノーボードを初めて6年が過ぎましたが、振り返ればスノーボードをきっかけにして転がり始めた人生でした。
行く当てのない都会生活を終わりにしたかったのかどうなのか、今となっては決心の記憶なんて曖昧なものですが、何にせよ「とりあえず住める」という理由でスキー場の住み込みバイトをしたわけです。で、せっかくスキー場にいるのだからスノーボードをしてみようと。

そんな中で奥さまと出会って、まぁ新潟まで追いかけてきたわけですから、この時期の色々な情熱というのは20代半ばにして最後のリアル青春であったわけです。

僕にとってスノーボードはただのウィンタースポーツである以上に、人生を転換させたキーアイテムなのです。だからこそ、こうしてスノーボードに何か特別な愛着を持てるのかもしれません。雪国育ちではない自分が、雪国の生活を前向きに受け入れていくためにもスノーボードは必要だったと思いますし、スキー場を通じた新しい仲間との出会いも与えてくれました。

毎年雪を見ながら思います。不思議なものだと。

草刈りと花火

今日も(猛暑日に比べれば)比較的涼しい1日でした。
奥さまはお勤め、父と母は娘を連れて海水浴、婆さんは寄り合いなので、珍しく昼食を1人で食べる。
昼寝を挟んで終日草刈り。

IMG_4017_convert_20120720200527.jpg
自走式草刈機を貸しているので、久々に刈払機オンリーです。

IMG_4018_convert_20120720200551.jpg
やっぱり刈払機だけだと疲れます・・・。

IMG_4020_convert_20120720200612.jpg
夏草の頑固なこと・・・。まぁ、自然は頑固じゃないと困りますが。

IMG_4028_convert_20120720200626.jpg
夜は娘と花火。去年の残りなのでやや不完全燃焼でした。

明日と明後日、スノーボードのC級インストラクター講習会に参加するため、泊りがけで上越市まで出かけます。

穂肥振りと草刈りと

北の高気圧が優勢のようで「カラッ」と晴れました。

IMG_4004_convert_20120719221915.jpg
電気のない生活は考えられません。作業場の電力ぐらいなら太陽光でまかなえるだろうか・・・。

IMG_4005_convert_20120719221940.jpg
昨日振りそびれた家裏の田んぼに穂肥を振る。

IMG_4006_convert_20120719222000.jpg
走行時にトルクリミッターが効きすぎてしまうので、説明書を片手に調整しようと試みるもサッパリ分かりません・・・。
気休めにクローラーの調整だけして終了。

IMG_4008_convert_20120719222039.jpg IMG_4007_convert_20120719222021.jpg
穂肥振りの計画を立てるため、早稲(わせ:早く収穫できる品種)の田んぼを植えた順に観察。
難攻不落の排水不良田もようやく乾き始めてました。
田植え前半に植えた早稲は穂が大きくなり過ぎていた田んぼもあったので、午後から大急ぎで前半戦の田んぼ全部に穂肥を振る。

IMG_4009_convert_20120719222053.jpg
夕方時間が空いたので草刈り。

IMG_4012_convert_20120719222126.jpg
帰宅。庭先に野良猫が遊びに来ていました。






穂肥振り

2回目の穂肥を振り始めます。

IMG_4001_convert_20120718221034.jpg
暑い・・・。汗がお湯。ペットボトルの水を1リットル飲んでも追い付きません。

IMG_4002_convert_20120718221102.jpg
アゲハチョウ???

IMG_4003_convert_20120718221115.jpg
午後も水を1リットル飲む。北陸地方も梅雨明けしました。

元ディープ・パープルのジョン・ロードが逝去

元ディープ・パープルのジョン・ロードが逝去

ジョン・ロードが亡くなったそうで。
僕自身、1番好きな音楽はハード・ロックですので、この訃報はとても寂しい話です。

TM NETWORKと小室哲哉に憧れていた中学生の時に初めてキーボードを買ったんですけど、その時の練習テキストに洋楽がたくさん載ってまして、その中にディープ・パープルの「Burn」のキーボード・ソロの練習ページがあったのです。

Deep Purple - Burn (キーボード・ソロは4分15秒から。)
(カッコ良すぎる・・・。)

で、試しにCDを買うわけですけど、この時の衝撃はもう人生最大のパラダイム・シフトでした。それからというもの洋楽ロック一辺倒です。今みたいにYou Tubeでタダ聴きなんてできませんから、新聞配達の給料全部をCDにつぎ込み、過去へ過去へとカタログを遡っていくわけです。

ロックを聴いてきて良かったなぁと思うことは、ロックの幻想性を冷静に受け止めて、あくまで過去の遺産をエンターテイメントとして聴けるようになったことでしょうか。ロックは思想的・文化的であることという宿命からは逃れられませんけれど、純粋にただ物質的な「音」でしかないと思えば、何か意味深げな真実が必ずしもそこにあるわけではないのです。僕はそう思います。

真実は歌の中ではなく、個々の日常生活の中にしかないわけですから。

そういう意味では、このジョン・ロードのように夭折を免れてお爺さんまで生き長らえたミュージシャンこそがロックの答えのような気がします。ローリング・ストーンズもまた然りでしょう。(ブライアン・ジョーンズは夭折しましたが。)

ロックとは生き長らえること。転がり続けて、丸くなり続けること。
いや、そう思うと本当にロックからは勇気をもらえます。




雨降り休日ととなりのトトロ

朝からけっこう激しい雨が断続的に降る。
午前中は家族とスーパーに買い物。午後は昼寝。

IMG_3999_convert_20120717220123.jpg
夕方、チャリで田んぼを眺めに行く。

IMG_4000_convert_20120717220151.jpg
いつの間にか穂が大きくなっています。そろそろ2回目の穂肥振りでしょうか。

夜に先日録画した「となりのトトロ」を娘と見たのですが、2歳3か月にしてはけっこう理解できているようです。
娘の集中力が限界なのでトトロは途中で中断し、庭に出て蛍を見に行く。
新潟は今日の全国的な猛暑をまぬがれているので、まぁそれなりに涼しい夜でございます。

反原発デモについて思うこと

僕は福島県生まれ福島県育ちですので放射能問題には当然関心がありますが、原発問題は慎重に受け止めるようにしています。例えば近頃ヒートアップしている反原発デモですが、全くといっていいほど怒りの本質(矛先)が伝わってこないのです。我々は本当は何に怒っているのか、それがよく分からない。原子力発電という科学的な現象に対する「NO!」ではなく、政府と東電の一連の対応(体質)に対する「NO!」としか伝わってこない。

当然なんですけど、脱原発運動が即時に個々の生活の幸福に繋がるわけではありません。むしろ脱原発思想に対する夫婦間の意見の相違でバラバラになった家族さえあると思います。社会の未来を考えるということは個人の幸せの在処をハッキリさせることであり、またそれを共通見解としてほぼすべての大衆が受け入れなくてはならない、そういうことを統合的に考えていかなくてはならないと思うんですよね。

自然災害も原発災害も恐怖ですが、いじめ自殺問題だって同じくらい精神的に恐怖なわけです。
人々がどんなに賢明であろうと努力しても災害は起こり、組織は嘘でまみれ、ありとあらゆる憎しみも絶えることがない。

今の日本が抱える多種多様な問題を解決するために使うべきエネルギーが脱原発デモに使われるのはもったいないと思うのです。







村上市(旧・朝日村、山北町方面)ドライブ

いやいや、腰が痛くて起きる気力もなく昼過ぎまで寝る。外はこの夏1番の猛暑。
このまま寝て過ごすのは惜しいので、14時過ぎまでゴロゴロした後ドライブに出る。

時間が微妙なので近場をチョイスします。
聖籠新発田IC~朝日まほろばICまで高速を使い時間短縮。

IMG_3960_convert_20120716214830.jpg IMG_3961_convert_20120716214852.jpg
高根集落方面へ。

IMG_3965_convert_20120716214907.jpg
岩船北部広域農道を初めて走ります。爽快な道です。

IMG_3966_convert_20120716214934.jpg
田んぼ道。

IMG_3971_convert_20120716214953.jpg
少し標高を上げたところに展望台がありました。日本海も見えます。

IMG_3974_convert_20120716215015.jpg
道路脇の看板。

IMG_3978_convert_20120716215040.jpg
丁寧に草刈りされた山間部の田んぼはアートの域に達してます。
人が住んでいること、田んぼが作られていること、農村景観が維持管理されているということ。
生産性・効率性とは無縁ですが存在感がある田んぼです。頭が上がりません。

IMG_3981_convert_20120716215113.jpg
静かな風景が続きます。

IMG_3984_convert_20120716215142.jpg
集落ごとに看板が出ています。旧・出羽街道沿いにはお屋敷が目立ちます。

IMG_3986_convert_20120716215215.jpg
新潟・山形県境の雷(いかずち)峠まで来ました。

IMG_3985_convert_20120716215157.jpg IMG_3987_convert_20120716215229.jpg
山奥の県境道は雰囲気があります。

IMG_3991_convert_20120716215247.jpg
雷集落入口。「シナバタ」とは「しな織」のようです。

県HPより引用
●新潟県村上市、山形県鶴岡市との県境の山里において、シナノキ、オオボダイジュ等の樹皮から採れる繊維で糸を作り、布状に織り上げたもので、ざっくりとした手触りと落ち着きのある風合いが特徴です。古くから地域住民の生業として育まれてきました


だそうです。

IMG_3996_convert_20120716215319.jpg
山奥の突き当りにある山熊田の集落にも行ってみます。

IMG_3993_convert_20120716215337.jpg IMG_3994_convert_20120716215354.jpg
集落入口。どこにも抜けれませんので帰りはまた来た道を戻ります。

IMG_3998_convert_20120716215415.jpg
帰りは19時。田んぼの水を入れ替えたいのであちこち落水してから帰宅する。




オクラ採りと昼寝

今日もオクラ代行。午前中は強い雨が降る。午後は曇り。
オクラの出荷後、少しだけ田んぼに寄る。

IMG_3953_convert_20120715195310.jpg
コシヒカリ。
右手前、田植えの時に液体肥料をこぼしたのですが、超過剰生育しています・・・。

IMG_3952_convert_20120715195343.jpg
標準はこれ。

IMG_3951_convert_20120715195356.jpg
超過剰生育。
こうなると絶対に倒伏&病気になる可能性大ですので・・・。

IMG_3954_convert_20120715195420.jpg
周りより短めにカットしてしまいます。
病気のリスクを考えるなら抜いてしまった方がいいのかもしれません。

IMG_3956_convert_20120715195439.jpg
早稲品種の「こしいぶき」の穂はまだ1cmくらいでした。

午後は昼寝。夕方からオクラを採る。



オクラと草刈りとシャボン玉

本日もオクラ代行。朝は雨。その後は曇り。

IMG_3926_convert_20120714223830.jpg
花はキレイなんですが、オクラのネバネバ成分から来るチクチクした痒みが辛いです・・・。

IMG_3927_convert_20120714223853.jpg
午後から草刈り。クローラー外れました・・・。

IMG_3928_convert_20120714223910.jpg
しょっちゅう外れるので調整済みだったのですが、調整したおかげで今度はなかなか戻りません。
汗だくだくになりながらも手では直せないので、この状態から足で踏んで直しました。

IMG_3931_convert_20120714223929.jpg
暑い・・・。

IMG_3945_convert_20120714224002.jpg
夕方帰宅すると奥さまと娘がシャボン玉で遊んでいました。

IMG_3936_convert_20120714223948.jpg
いや、童心に帰りますよ、ホントに。

IMG_3947_convert_20120714224016.jpg
その後はオクラ採り。

IMG_3948_convert_20120714224043.jpg
しゃがみ歩きが辛いので、四つんばいで這います。



オクラの収穫と草刈りと

父と母が旅行に出かけたので、父の趣味のオクラ(出荷もしてますが)を代理で収穫します。

IMG_3912_convert_20120713215633.jpg
ハウスの中はサウナ状態。まだ背丈の低いオクラの収穫ほど膝に悪い作業はありません。

IMG_3913_convert_20120713215710.jpg
花はキレイなんですが・・・。

IMG_3915_convert_20120713215726.jpg
手作業なのでこれだけ採るにも1時間かかります。

IMG_3916_convert_20120713215745.jpg
庭で袋詰めします。

IMG_3917_convert_20120713215759.jpg
いつの間にか上手にブランコ乗れてます。

IMG_3919_convert_20120713215822.jpg
午後は草刈り。雨降り後は田んぼの見回りを省くので草刈りに専念できます。

IMG_3921_convert_20120713215840.jpg
穂肥1回目は区切りがつきましたが、草刈りだけは区切りも何もありません・・・。

IMG_3924_convert_20120713215914.jpg
草刈りを早めに切り上げ、夕方から再びオクラ採り。

IMG_3925_convert_20120713215928.jpg
収穫目線。葉っぱがチクチクと肌に刺さります。

雨降り休日

「経験したことないような」という表現は「想定外」に代わって今後も使われるようになるのでしょうか。
報道(今回は気象庁による表現ですが)はコピーライティングではないのですから、もう少し冷静な言葉を選んでもらいたい気もしますが・・・。

新潟も本降りの雨。終日娘とダラダラ過ごす。

IMG_3896_convert_20120712214617.jpg
夕方、雨が止んだので外に出ました。クローバーの陰から見守ります。

IMG_3904_convert_20120712214642.jpg
植えたてのプチヴェールと葡萄を見上げる娘。


穂肥振りと畑の耕うんと蛍の光


西高東低ならぬ西低東高の逆冬型気圧配置は強烈に蒸し暑いです。
日本海側はフェーン現象になるのでとにかく暑くなります。

IMG_3868_convert_20120711194834.jpg
早稲の穂肥振り。曇り空だと葉色の濃淡が見分けやすいです。
手前の濃いところには1回目の穂肥は振りません。

IMG_3871_convert_20120711194907.jpg
むむむ・・・。

IMG_3870_convert_20120711194921.jpg
近頃流行りのホタルイ発見。今年はけっこう流行ってます。
このように大人になっているのを5株ほど抜きましたが、残りの小さいのはイネとの競合に負けて大きくなれなさそうなので放置です。
イネが大きくなると日陰が増えるので、雑草の生育が鈍ります。(たぶん。)

IMG_3872_convert_20120711194937.jpg
昼食後、昨夜から水をかけっぱなしにしておいた田んぼの水を止めに行く。

IMG_3873_convert_20120711194958.jpg
家の裏手にずーっと続く1ha区画の基盤整備田をカバーする水路。
かなりの流量ですが、盛夏に皆が同時に水を使うと川下まで水が行き渡らなくなります。

IMG_3874_convert_20120711195020.jpg
通称「蛇口棒」。

IMG_3876_convert_20120711195054.jpg IMG_3875_convert_20120711195043.jpg
蓋を外して手を入れなくても楽々と蛇口を回せます。

IMG_3879_convert_20120711195126.jpg
コシヒカリ。

IMG_3877_convert_20120711195113.jpg
場所によってはチャリのほうが快適です。

IMG_3883_convert_20120711195146.jpg
畑を耕しているとカラスが2匹やってきました。
連鎖と循環の小宇宙だと思えば、農業も素晴らしきものかな。

IMG_3894_convert_20120711212554.jpg
家の裏を流れる水路に蛍がたくさん飛んでいました。

IMG_3892_convert_20120711212609.jpg
蛍の光。








穂肥振りと畑の耕うん

今日も暑いです。

IMG_3859_convert_20120710203632.jpg
中央の白い節の上に見えるモヤモヤが幼穂です。まだ2㎜程度です。

IMG_3860_convert_20120710203717.jpg IMG_3861_convert_20120710203731.jpg
暑いのでエアコンが効くトラクターで畑を耕しに行きます。

IMG_3862_convert_20120710203752.jpg
畑を平らに耕すのはなかなか難しいです。

IMG_3863_convert_20120710203828.jpg
田んぼに寄り道。

IMG_3865_convert_20120710203854.jpg
夕方穂肥を振りに行くも西日が眩しすぎて仕事になりません。
どうしようもないので水路に生えている「お化けイネ(通称)」を抜きました。

穂肥振りと草刈りと散歩

梅雨は中休み中。

IMG_3812_convert_20120709231339.jpg
疲れない程度の量だけ持ち歩きます。振りすぎると腰によろしくありません。

IMG_3820_convert_20120709231402.jpg
紫陽花と椅子。

IMG_3822_convert_20120709231448.jpg
1株抜いてみました。

IMG_3823_convert_20120709231505.jpg
茎を割ります。中央に見える節の左側に幼穂が入ります。(右側が地面側です。)
写真では分かりませんが、1㎜~2㎜程の穂ができていました。

IMG_3826_convert_20120709231543.jpg
使ってない畑。このまま耕すには草が伸びすぎたので1度刈ります。

IMG_3827_convert_20120709231556.jpg
暑い・・・。

IMG_3839_convert_20120709231609.jpg
夕方、娘と公園に遊びに行きました。


穂肥振りと草刈りと

昨夜の土砂降りも明け方には上がった様子。
田んぼに水をかけるという仕事が減るので気持ち的に楽です。

IMG_3793_convert_20120708195558.jpg
うーん、暑い。

IMG_3794_convert_20120708195622.jpg
こちら、こしいぶき。

IMG_3795_convert_20120708195635.jpg
曇り空だと葉の色が見やすいです。

IMG_3796_convert_20120708195648.jpg
こちら、コシヒカリ。

IMG_3792_convert_20120708195727.jpg
この田んぼのコシヒカリは自家用・個人販売用ということで有機100%肥料を使っております。

IMG_3790_convert_20120708195738.jpg
説明を読んでも勉強不足でよくわかりません・・・。

IMG_3797_convert_20120708195756.jpg
粒が大きく砕けやすいので、動力散布機で振りづらいのが難点です。

IMG_3800_convert_20120708195813.jpg
昼食後、娘と庭先で遊ぶ・・・というか、遊んでいる姿を眺める。
これこそが自営業の1番の利益ではないでしょうか。

IMG_3801_convert_20120708195831.jpg
夏は近い。

IMG_3804_convert_20120708195853.jpg
先日、やっとこ排水した田んぼが雨で水没。この徒労感が何とも言えません。

IMG_3806_convert_20120708195933.jpg
夕方まで草刈り。自走式の刈り残りが気になります。

IMG_3807_convert_20120708195949.jpg
このアゼ際の草ですが、放置しておくとコンバインにものすごく絡まります。

IMG_3808_convert_20120708200024.jpg
できるだけ生えてこないように泥まで刈ります。

IMG_3810_convert_20120708200013.jpg
不思議とまたすぐに生えてきます。

IMG_3811_convert_20120708200038.jpg
まだ17時ですが、日曜なので帰宅。


















雨の休日と七夕

朝から雨。午前中は小康状態になるも、夕方から土砂降り。

IMG_3788_convert_20120707194212.jpg
適度な雨は気持ちを静めてくれる気がします。特に荒れてるわけでもないですけど・・・。

今日は家族で亀田イオンに出かけました。しかし、いつ行っても混んでますね。
フードコートの熱気がすごくて、まるでアジアの市場(イメージとして)で食事をしている気分になります。
空いているテーブルを必死に探し、人とぶつからないように食事を運んでいると、これはまさに生きるためのたくましさそのものなのではないかと思ったりするわけです。
久しぶりに家族3人で出かけたせいか、娘はとても楽しそうでした。
水族館でも動物園でもそうですが、子供が喜ぶところはどこに行っても楽しいものです。

今もかなり雨が降っているので、明日はあちこち田んぼの排水をする必要がありそうです。



草刈りと買い物と草刈りと

降るのか降らないのかハッキリしない天気。
とりあえず明日は大雨予報。穂肥が雨に溶けて流出してもよろしくないので、穂肥振りはこの雨が去ってからにします。
さて、10時までゴロゴロしてみるも雨が降らない。
家にいても勿体ないので草刈りに出ます。

IMG_3754_convert_20120706213910.jpg IMG_3753_convert_20120706213847.jpg
刈るほど伸びてないんですけど。

IMG_3757_convert_20120706213938.jpg IMG_3755_convert_20120706213925.jpg
それでも刈るとスッキリ。

IMG_3758_convert_20120706213958.jpg
草刈りセット完全版。自走式と刈払機を二刀流で持ち歩くと安心します。

1日草刈りするのも微妙だし、田んぼの水は雨で満たされているし・・・、ということで午後は亀田イオンのタワーレコードへ行く。
タワレコで安い輸入盤を2枚、ブックオフで安室奈美恵を3枚購入。

IMG_3760_convert_20120706214023.jpg
帰りに大きい田んぼに寄り道。

IMG_3761_convert_20120706214041.jpg IMG_3762_convert_20120706214102.jpg
雨水がガボガボ溜まっても困るので排水管を下げておきます。
こうしておけば降った分だけ勝手に落ちます。
他の大きい田んぼでも父が同じことをしておいてくれました。

IMG_3764_convert_20120706214129.jpg
17時帰宅。小雨振ってますが、落ち着かないので集落内の田んぼの草刈りに出る。
近いので歩いて行きました。

IMG_3765_convert_20120706214146.jpg
隣はひい婆さんの畑。

IMG_3763_convert_20120706214200.jpg
畑周りもコッソリ刈ってしまいました。

















拡散と統合

CDを2枚ばかり購入。

1枚目。
IMG_3751_convert_20120705193035.jpg
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ/チュニジアの夜 (1960年)

Art Blakey & the Jazz Messengers - So Tired

いまいちジャズという音楽の聴き方がよく分からないのですが、じゃあロックの聴き方が分かるのかと言われれば、これもまた分からないのです。
形式を守りつつも即興的に展開していく音の羅列の中に、混沌という名の規則的に保たれた秩序を見い出すというアートな聴き方もあるのかもしれませんが・・・。
これは1960年の作品ですけど、1960年といったらまだビートルズもデビューしていないわけです。
まだまだ知らない音楽がたくさんあることに目眩すら覚えます・・・。

2枚目。
IMG_3752_convert_20120705193050.jpg
チック・コリア&リターン・トゥ・フォーエヴァー/第7銀河の讃歌(1973年)

Return To Forever - After The Cosmic Rain

1970年代にもなるとそれぞれ確立されたジャンルが合体して、フュージョンというジャンルが誕生。
聴けば分かる通り、聴いた印象は「技術至上主義」なんですね。
演奏技術と音楽理論がかなり高い次元で融合していることは素人耳にもよく伝わってきます。
が、しかし、どこでどうやってこんなに複雑なリズムがピタリと合っているのか、さっぱり分かりません。
どこにメロディーがあるのかもよく分かりませんが、これはこれで聴いていてとても気持ちがよいわけです。
なぜか、それは僕がメロディー重視のセンチメンタリズムに(今は)浸りたくないのでしょう。
ただ、これは音楽のメロディーでも人の心でもそうだと思いますが、無機質的な真剣さというものを考えてみると、何でもかんでも分かりやすく感情を吐露するのが良いとも思えなくなってきます。
一見すると無機的なもののなかに、いかにして有機的なものを見つけるか、音楽とは全然関係がありませんが、それが感動を見つけるということなのかもしれません。
それはなかなか努力を要することです。
物事を積極的に肯定し、受け入れ、応用していくことの難しさを改めて感じます。





穂肥と草刈りと大雨と

昨夜は深夜に雨予報が出ていたので、2階の部屋の窓を全部閉めて寝る。
ただ、それではさすがに暑いので自分の隣だけ開けておいたら、明け方に水しぶきで目を覚ましました。

IMG_3747_convert_20120705181622.jpg
家裏は64日目。今日から穂肥振り始めます。(稲の追肥のことを「ほごえ」って呼んでます。)
感覚を思い出すために家裏から振ります。
写真ではよく分かりませんが、葉色が褪めているところには余計に振るつもりで、逆に濃いところは控えめのつもりで振ります。
そんなに思うようにはいかないので「つもり」なのです。
基本2回に分けて振りますので、1週間後にまた同じ田んぼに同じ量を振ります。

IMG_3748_convert_20120705181657.jpg
10アール(1反)あたり10kgの肥料を使います。
家裏田んぼは約40アールありますので、40kg(2袋)の肥料を使います。
これを動力散布機に入れます。1袋20kgがタンクに入りますので、本体の重さと合わせて30kgぐらいでしょうか。

IMG_3749_convert_20120705181712.jpg
背負うときはトラックの荷台を使います。
転んだら起き上がれません・・・。

IMG_3750_convert_20120705181730.jpg
品種に合わせて有機肥料だったり、化成肥料だったり色々です。

午後も雨が止んでいたので草刈りをする。
15時から雨が降り出したので今日の仕事は終わりにして、街をブラブラし、休憩用の缶コーヒーを箱買いし、CDを2枚ばかり買う。
久々にまとまった雨になりました。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。