A NET ~あねっと~

稲作専業農家の素敵な日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そしてインフルエンザになること

 新年早々ダメだこりゃ。(笑)

 13日(火)の仕事が終わったあたりから微熱感があり、翌朝は37度5分程度の熱がある。熱の割に辛いのでスキー場の仕事を休んで家でふて寝していると、あれよあれよと40度近くまで熱が上がる。この異常な展開は間違いなくインフルだと思うのだが、自力で車は乗れないし、妻は夕方まで出かけているし、仕方なくそのまま寝て過ごす。辛い。

 翌日は朝から病院に送ってもらい、即検査をしてもらう。無事にA型インフル。(笑)

 その後、妻と子供2人もインフルになる。

 結局昨日までの間、丸1週間仕事を休み、今日から無事復帰する。


 まぁ、こういう年もあるだろう。こういう歳もあるだろう。胃薬が効いて潰瘍の痛みがまったく出ないだけでもありがたいことだ。

スポンサーサイト

十二指腸潰瘍だったこと

 スキー場のお仕事を休んで胃カメラ飲んできました。鼻からではなく口からです。噂に聞いていたほど辛くはなかったけど、思っていた程度に苦しい。口からジェル状の麻酔を飲んだので痛みは感じないのですが、どうにも呼吸のタイミングが難しい。途中で何度か「オエッ」ってなって涙出ました。(笑)

 結果は、症状から予想されていた通りに十二指腸潰瘍でした。1か月分の薬をもらったので、薬が無くなる前にもう一度来て下さいとのこと。ピロリ菌の検査がどうとかこうとか。

 午後から普通に出勤しようと思っていたのだが、口の中の麻酔が切れたらのど元が痛いし、胃の運動を鎮めるために左腕に打った麻酔のせいか体もダルい。これでは集中力もないので丸一日休みにしてもらう。

 帰りにパン屋さんでパンを買い、ゆっくり食べて薬を飲み、午後は昼寝。15時過ぎまで寝る。最高だ。

 実家にも最近胃が痛いと伝えてあったので、夜に電話してみる。母が「何がそんなにストレスなの」と大笑いする。父も母も若い頃に胃を痛めたというので、まぁ血統的なものもあるだろう。あと、親戚中探しても胃がんで亡くなった人はいないから大丈夫だと、よく分からない励ましの言葉をもらう。

 いやはや。

新年明けましておめでとうございます

 久しく更新が滞っていました。その間も訪問し続けてくれた皆さまありがとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。

 この冬はどうにもこうにも体が疲れやすく、早々と寝てしまう毎日です。国内外では色々なことが起こっていますが、生活という穏やかな波の心地よさに揺られていると、世界は空想的な概念でしかなくなってしまいます。もっとも、今年は雪も多く風も強いので、世界が与えてくれる事象にはどっぷり浸かりきっているわけですが。

 心はまるで離島暮らしのような気分。


 今日は休み。冬になると毎年胃が痛いのだが、今年は特に痛い。なので内科に行って胃カメラの予約をしてくる。ちょうど明日に空きがあるというので明日の午前中の予約をする。それから床屋に行ってサッパリしてくる。

 午後は昼寝をして、それから保育園に娘を迎えに行く。夕方は子ども2人と久しぶりにお風呂に入る。


 昨夜アルペンボードのビンディングを組み立てたので、今日はボードに取り付けてみる。


 改めまして、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。