A NET ~あねっと~

稲作専業農家の素敵な日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稲刈りの日々が続く

 稲刈りの日々が続いています。

 当地の今年のコシヒカリはお盆過ぎからの日照不足に加えて8月末の台風による風害で品質が低下しています。コメの品質とは玄米の『外観』のことなので、決して食味のことを指しているわけではありませんが、やはり見た目がよろしくないのは気持ちがスッキリしません。

 では外観上どのように品質が低下しているかというと、主に粒が真っ白になる『乳白米』、粒の中心が白く濁る『乳心白』、それと粒が不完全な『未熟粒』。こういったものが例年より多い。我が家でも先に出荷したコシヒカリは検査で一等米だったのですが、それでも規格内の乳心白が目立ちます。一等米の規格は整粒歩合が70%以上ですので、他の30%は乳心白でもよいのですが、仮に30%も真っ白な粒が混ざっていると生産者としてはスッキリしないものです。もっとも一般の消費者の方では意識しないと分からないレベルなのですが。

 とにかく、今年は検査で二等米どころか三等米も出ているという話も聞くので、我が家の一等米は結果としては上等なのです。スッキリはしませんが。

 そこで、今年は栽培上で何が良かったかと思うのですが、やはり過剰生育の防止とコンバインがぬかるくらいの土壌水分、あとは効果不明の中期の深水。(笑)

 中期深水に関しては確かに茎が太くなり、貧弱な無効茎がダラダラと出てくる前に抑えてしまうことで、数が決まった茎が強靭な株になりました。屑米が滝のように大量に出て、1.9ミリで選別しているにもかかわらず9俵半あった稲でも完全倒伏はしませんでした。うーん、後半の天候不順の中でここまで上等だったのは、一体何が良かったのだろう。

 穂肥は2回とも有機100%の緩効性。色も出ないけど色も極端に褪めない。何だかんだで後半の多雨が土壌水分をキープし続けたのが良かっただけだったり。そんな気もするなぁ。

 

 
スポンサーサイト

稲刈りなど

 3日 (木)

 稲刈りなど。


 4日 (金)

 雨が降ったりやんだり。稲は刈らずに籾摺りのみ。

 5日 (土)

 稲刈り。


 夕方から農業関係の付き合いで県議の後援会による懇親会に仲間と参加する。新潟県知事もいらして、一緒に写真を撮ったり握手をしたり。(笑)

 田んぼで関わりのある他集落の方にも何名かお会いしたので挨拶する。まさかこんな場でなのだが、田んぼの管理について少し注意を受ける。いやはや。

ゆきん子舞の新米を食べることなど

 9月1日 (火) 小雨。時々止む。

DSCF0633_convert_20150902202211.jpg
 金魚すくいでもらってきた金魚を庭先の水鉢に放した。このハート形の葉っぱの草はオモダカという田んぼの強害雑草です。去年の夏に田んぼから一株抜いて、綿棒の空き容器の中に移植。そのまま水中に放置しておいたのですが、酸欠することもなく群生してきました。一株だと大きな葉と可憐な花が楽しめるのですが、こうして狭いスペースに群生してしまうと栄養不足のためか花を咲かすことができませんでした。

 朝から小雨が降る。稲刈りはできないので子供たちを連れて母の実家の集落で行われる祭りに出かける。昼間からビールを頂く。最高じゃないか。

 帰ってきてから乾燥終了していた籾を確認して再度乾燥させる。僕は過乾燥を避けるために15.2%設定で乾燥させるのですが、そうすると14.6%のときもあるし15.4%のときもある。ということは平均すると大体は規定通りの15%前後に着地しているわけです。(笑)

 ただ、青未熟米が多かったり少なかったりで乾燥後の水分の変化も違いますし、昨日みたいに雨で濡れた籾を乾燥させると水分ムラがあったりするので状況に応じて勘で再乾燥させたり仕上がり水分設定を変えたりします。完全に『勘』です。あはは。



 2日 (水) 小雨後くもり。

2015090220140001.jpg 2015090220140000.jpg

 もちろん今日も天気が怪しい。昨日乾燥させた籾を摺って袋詰めしてみる。籾摺り機の試運転です。異常なし。9時前から田んぼに行ってみたのだがどうにも降りそうな降らなそうな・・・と思っていると降ってきた。寒冷前線の強風雨。ということは、前線が過ぎてしまえばあとは西風が強く吹くばかり。であってくれ!という願い(笑)が叶って午後からは何とか天気が持ったので刈れるだけ刈る。強風で午前中の雨で濡れた稲もすっかり乾いてしまった。ありがたや。

 今日籾摺りしたばかりの『ゆきん子舞』を父が精米してきてくれたので夕飯で頂く。あっさりしていて美味しい。個人の好みもあるのでしょうが、あくまでも低価格帯なりの市場評価のお米なので「コシヒカリよりも美味しいじゃないか!!」という結果でも困るわけですが・・・。

 作った本人は自分の仕事の結果なので主観100%のえこひいきマジックで何を食べても美味しいのですが。(笑)

 






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。