FC2ブログ

A NET ~あねっと~

稲作専業農家の素敵な日々

初雪が降ること

 雨のち、みぞれ混じり、次第に雪。といってもゲレンデがうっすら白くなる程度で、街は雨が主体。明日の朝は我が家の庭も薄化粧だと思うのだが、どうだろう。

 山の気温は終日3℃前後でとても寒い。それでも真冬に3℃もあれば、雪かきのときに汗をかく。ある程度のことは慣れてしまえば平気なのだ。嫌だったことですら好きになることもあるのだから。

 
 中学生の時、尾崎豊でもブルーハーツでもBOØWYでもなく、TM NETWORKが好きだった。たぶん「社会」という枠組みに囚われたメッセージを受け取るのが苦手だったのだろう。「俺」とか「自由」とか、中学生の時に考えた記憶がない。キラキラしたシンセサイザーの音色のことばかり考えていた気がする。(笑)

 小室哲哉の奇抜なキーボードスタイルからリック・ウェイクマンやキース・エマーソンを知り、僕は洋楽ロックに傾倒していくのだが、やっぱり歌の世界は最終的にファンタジーであって欲しいという気持ちで今に至っている。

 でも、そんなことを考えていたら、すっかり聴きたい音楽がなくなってしまった。まぁ、また聴きたい波が来るとは思うのだが。

 

 
スポンサーサイト



雪と息子の入院と | Home | タイヤ交換をすること

コメント

ご無沙汰しております。

昨日、県道の除雪説明会がありました。
来週には市道の除雪説明会があります。
これがあると、いよいよ冬が来るなあと感じます。
基本、適度の雪は嫌いではありません。
むしろ犬のようにはしゃぐことすらありますが、大雪だけは勘弁です。
寝る時間がなくなりますから(笑。

連日、減反廃止や補償の大幅減額といった記事が新聞を賑わしております。
ちょうど、会社として農業分野への進出を考えていた時期でして、計画の見直しが必要になってきました。

産業というものは、補助金なしで成り立たせるのが当たり前の姿だろうと思っております。
ですが、農業従事者が40年にわたって当然の様に受け入てきた営農体質からすぐに方向転換できるとは考えにくいと思っております。

当地でも確実に従事者の高齢化と離農が進んでいます。
これを鑑みて、いろいろ計画を立てていたわけですが、進むかやめるか、寝られない日々を過ごしております(寝ることが趣味なんですが)。


2013/11/13 (Wed) 10:01 | kawa #- | URL | 編集

kawaさんお久しぶりです!一気に寒くなりましたね。

僕は福島県の雪があまり降らない地方の出身なので、1mも雪が積もるのが面白くて仕方がないのですが、最近は雪景色にも慣れてきたので大雪勘弁モードです^^;

スキー場で毎朝スノーダンプを押すのも辛くなってきました。(笑)

田んぼの補助金減額・廃止はなかなか切実な問題で、面積的にたくさんの補助金もらってますから、とりあえずは収入大幅ダウンは確定です。

ただ、加工用米の需要を増やしたり、それらの方面の補助金を増やしたり・・・などという話もありますから、来年度は加工用米を増やす計画でいます。

もしもその方面での補助金が決まると加工用の多収品種の種籾が品薄になりますから、もうウチの父は先手で予約してきたようです。

補助金をもらわないと利益にならないというのは本当に変な商売なのですが、じゃあ付加価値を付けて競争力を高めればよいかというと、これまたTPPの先行き不透明ですから、まだそこで勝負には出れません。

どんな未来になったとしても、おそらく国産米は誰かが作らなければならないので、そこに生き残りのチャンスがあるのは確かですけど、それがローリスクの個人の方が良いのか、ハイリスクでも会社化の方が良いのか、僕にもまだその辺が見えていません。

勉強不足なだけなのですが・・・。

2013/11/14 (Thu) 22:26 | あね #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する