A NET ~あねっと~

稲作専業農家の素敵な日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日も今日もあぜ塗りすること

 30日 (月)

 5時起きしてあぜ塗りに出る。遠いところなので一気に片づけてから家に戻って遅めの朝食。それからまたあぜ塗り。午後もあぜ塗り。夕方は歯の定期検診。歯も歯茎も異常なし。タバコによる着色汚れをキレイに落としてもらう。

 十二指腸潰瘍のピロリ菌検査の結果も聞きにいかなければならないのだが。なかなか。

 夕方から娘が熱を出して機嫌が悪くなる。辛そうだ。

 夜、長い長い夢を見る。それはそれは愉快な夢で、夢の中の僕は目覚めても続きが見たいと思っている。で、夜中に何度も目が覚めたのだが、その度に夢の続きを見ることができたのだ。


 31日 (火)

 そんな心地よい夢に夢中になっていたら7時半まで寝てしまう。一度5時に起きたのだが。

 終日あぜ塗り。明日からは天気がスッキリしなさそうなので、午後からは何軒からかあぜ塗りを頼まれている田んぼをやっつけてしまう。が、午後一番であぜ塗り本体のユニバーサルジョイントが外れてしまう。接続部のロックピンが入ってなかったのか何なのか。一人ではジョイントが重すぎてロックピンを押しながら接続部に押し込むことができない。仕方なしに父を呼んでハンマーを持ってきてもらう。なんだ、二人がかりならあっという間じゃないか。(笑)

 父は催芽機に種もみを入れてくれたり、バックホーで水路を浚ってくれたり、苗を入れるハウスの準備をしてくれたり。

 娘の熱が下がる。


 実家の母から子供たちの誕生日祝いの物を送ったと電話がある。少し雑談する。爺さんが(母の親・僕の祖父)が倒れてほとんど意識がなく、時間の問題だということ。それで痴呆気味の婆さん(婆さんは母の兄夫婦と暮らしているのだが・・・)が心配なので家で預かったということ。その婆さんが嫁ではなく娘(母)と暮らし始めたらみるみるうちに生気を取り戻し元気になってしまったということ。いやはや。

 いくら葬式とはいえ、この時期に田舎に帰るのは嫌だと思うのだ。そういえば、爺さんの父というのは山奥の生家を出てから一度も実家に帰らなかったそうだ。

 本心はそうでないにしても、僕も潔く生きてみたいものだ。そういう血がどこかに、わずかに。そう思いながら手を見ると、爪の中に入って落ちない油混じりの泥が気になってくる。問いはどこにでもあるけれど、今すぐ答える用意ができない。


 3月も終わりです。 
スポンサーサイト
毎日がエイプリルフールだと思って僕は暮らしている | Home | あぜ塗りすること

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。