A NET ~あねっと~

稲作専業農家の素敵な日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田打ちすること

 18日 (土)

 5時起きでトラクターに乗る。1ヘクタール区画(縦200メートル×横50メートル)続きなのではかどる。19時近くまでやって約3ヘクタール。浅起こしならもっと高速作業できると思うのだが、やはり丈夫なイネには深さが必要なのかもしれないと改めて感じている。
 もっとも秋耕起&冬季湛水でぬかるんでいるので盤まで沈む。盤まで沈むということは盤ギリギリから起こさないと代かきの時に土がこなれない。毎年そんな状態なので作業には手間取るのだが、イネはよく育つし雑草も少ない。なので、効率ばかり優先にもできないのです。
 いつもなら秋は浅起こしなのですが、今回は秋に深く耕しておいたので深さが楽に確保できている気がします。秋は浅くして、春に少し深くしようと思っても固い土に爪が当たるので車速が上げられない。ならば秋に深く耕してしまえと。春先の田んぼの乾きは悪いですが、その分粗く早く起こせるので楽ですね。うーん、結果的に効率的なのか、どうなのか。


 19日 (日)

 ちょっと寝過ごして6時前から始めたような。移動が多いので移動先に自転車を投げてきて、それから軽トラまで戻る。ロータリの上に付けた散布機で肥料を散布しながらなので、肥料を乗せた軽トラが必要なわけです。

 あぜ塗りの時に近くの他の人が「俺のとこも塗ってくれ」というので塗ったのだが、そのお礼に釣りたての鰆(さわら)と缶ビール1ケース持ってきてくれた。田んぼで頂いたのだが、鮮魚はさすがに不安なのですぐに家に持って帰る。奥さまが三枚に下ろして調理してくれました。

 そんなことがあったり、移動したり、散歩途中の方と会話したり、なので意外とはかどらない。(笑)


 20日 (月)

 6時過ぎまで寝てしまう。布団の中でどうしようか迷ったのだがトラクターも近くにあるので出ることに。機械作業は朝食までの1時間でもけっこうはかどるのだ。昼から雨が降り出す。降ったりやんだり。肥料散布機も多少の雨なら詰まらないので気にせずやってしまう。父がたまには早く上がればいいというので、ほどほどにしてやめる。久しぶりに子供らと風呂に入る。

スポンサーサイト
種まきやら色々と | Home | 終日田打ちすること

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。