FC2ブログ

A NET ~あねっと~

稲作専業農家の素敵な日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作業が遅れているのか、苗が育ちすぎているのか

 24日 (金) 晴れ

 東京に滞在中の母を迎えに行くために父が早朝から外出。父がいないので苗の水やりやらハウスの様子を気にしながら田打ちに出る。朝と昼に水をしっかりやって換気もしてきたとはいえ、トラクターに乗っていても気になって仕方がない。3時に1度様子を見に帰り、また夕方にハウスを閉めに帰り、もう一度田んぼに戻る。

 一人では作業不能な経営状態であることを感じた1日であります。


 25日 (土)

 5時半には出たような。代かきしている人もいて、何となく焦る。耕起そのものはあと5町くらいなのだが、田んぼは細かく範囲も広く、肥料散布機も使うのでなかなかはかどらない。とはいえブロードキャスターや動力散布機で肥料を振るよりは、耕起同時散布の方が移動が1度で済むのです。

 でも、コシヒカリに限って言えば肥料散布機で有機肥料を入れて、父が1発肥料をわずかに動散で入れて、なおかつ田植え時に側条ペースト肥料を入れるので、3度手間といえば3度手間なのですが。(笑)

 ま、同じ肥料を1回でドサッと入れるよりは別々なものを入れた方が稲にはよい。よさそうだ。有機で土作りを、1発で持続性を、側条で即効性を。去年のフェーンで周りの誰もが収量激減だったのに、我が家の稲は実は大丈夫だった。要因はいろいろだろうが。

DSCF0122_convert_20150425205557.jpg
 代かきのためにあちこち水を入れ始める。苗はいつでも植えれそうなのだが・・・。

 



 

 
スポンサーサイト
前半戦ラストスパート | Home | 種まきやら色々と

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。