FC2ブログ

A NET ~あねっと~

稲作専業農家の素敵な日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学生と田植え、そしてドライブハローが壊れること

 もうずっと晴れている。1回目の苗は老化気味で早く植えてしまいたいのだが、僕も父もずっと機械ばかり動かしているわけにもいかず、何だか順調でない。

 5時から代かきする。父は昨日の僕の残りの田植えをしてくれる。

2015050109480000.jpg
 午前中は隣地区の小学校の学校田をJA青年部とのコラボで田植えする。自分の田んぼ作業で相当忙しいのは皆同じなのに、意気込んで集まる仲間がいるのは頼もしいです。かつて仲間がいたように、こうして知らぬ土地に来てもまた新しい仲間ができること、できたこと、心強く思います。

 子供たちの田植えのスピードが速く、午前中いっぱいの予定が10時半頃には終わってしまう。解散。急いで帰ると父は代かきをしているというので、僕は残っていた2反田を植えて、田植え機を移動する。先ほど子供らと田植えをした仲間がうちの近くの田んぼで作業をしていて、一緒にお昼を食べないかと連絡がある。僕も含めて3人で久しぶりに昼間の外食。

 午後は代かきに出る。が、乾いた土に入った瞬間に「ガツガツガツ」とハローから強烈な異音。ついに何かギアが欠けたかと観念して田んぼから出す。農機具屋さんに見てもらうと、爪を回すチェーンが伸びてしまったようだ。仕方がないのでクローラのトラクターのロータリで荒代かきする。220センチ幅ではさっぱりはかどらないし、ハローのように平らにもならない。ドライブハローの優秀な仕事に改めて気づくのでした。

 修理が明後日になりそうなので、明日の朝に他のドライブハローを貸してもらえることになった。よかったです。



 
スポンサーサイト
ドライブハローをお借りすること | Home | 田植えを始めること

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。