A NET ~あねっと~

稲作専業農家の素敵な日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

代かきすること

 携帯をマナーモードにしたためかアラームが鳴らずに寝過ごす。5時過ぎに起きる。父と母は田植えに出たようだが、母から奥さまに電話があり、「お父さんがアレ分からないから」だってと。寝起きの僕は思う。「アレ」って何だよ。(笑)

 トラクターの場所に向かう前に父と母が田植えに出ている田んぼに寄ると、45株植えと50株植えの設定があやふやなので適当にやったとのこと。まぁ、ちゃんと45株植えに設定されていました。で、1反半1枚代かきする。トラクターを移動して車まで歩こうとしていると農家仲間の親父さんが通りかかり、「どこまでだ?乗せてくよ」と声をかけてくれる。数百メートルの距離ではあるがお世話になる。

 夕方まで代かき。1枚1町3反の大きな田んぼと、続きの5反1枚の田んぼなのではかどる。午前にそれぞれ荒代をかいて午後に仕上げをする。父と母が田植えしてくれた田の水を止めに回ってから帰宅。すっかり暗くなる。

2015051718470000.jpg
 代かき後の水鏡。日中強かった風も凪いで、クリスタルサイレンスなひと時。

 夜に子供をおんぶして階段を上っていたら奥さまに「2児の父ですなぁ」と冷やかされる。わはは。「この子たちが俺より長生きしてくれれば我が人生に不満なし。俺が生まれたことであなたと出会って、この子らが生まれ、そしてこの子らに人生が与えられのだから、それだけで俺も生まれてきたかいがあるってもんだ。だから俺は田んぼが金にならずとも、無駄に疲れようとも、日々の生活に不満なし。」と言ってやる。言うだけタダとはいえ名言ですな。(笑)


 チック・コリア&ゲイリー・バートンの「クリスタルサイレンス」。



 


スポンサーサイト
田植えも終わりが見えてきました | Home | 久しぶりに作業を休むこと

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。