FC2ブログ

A NET ~あねっと~

稲作専業農家の素敵な日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラクターのオイル交換など

 5日 (木)

 自転車で娘を保育園に送る。息子が熱を出す。農協で賃貸の件で話など。もう1件離農する人があるというのでその話も聞く。

 午後はホームセンターにトラクターのオイル類を買いに行く。夕方に娘を迎えに行って、また農協へ。


 6日 (金)

 車で娘を保育園に送り、そのまま息子がかかる医者の順番取りに行く。予約をしてから、打診があった農地の現場を確認して回る。2件ともよく知っている隣の集落なので、どちらかを受けてどちらかを断るわけにはいかない。父と相談して両方とも条件が合えば受けることにする。ということを伝えにまた農協へ行く。

 午後はトラクターの洗車とオイル交換をする。

2015110621330000.jpg 2015110621330001.jpg
 2台とも洗車してからロータリのオイルとエンジンオイルを交換する。

2015110614520000.jpg
 ホイールのトラクターに付けている小橋のロータリのオイルはチョイ足しするだけで交換したことありませんでした。信じられないくらい赤錆色してました。チェーンケース部にいたっては排油栓を開けてもオイルが出てこない始末。(笑)

 今年の春に入れたばかりのクローラトラクターの三菱純正ロータリはまだ30町くらいしか回してないのですが、初回なのでマニュアル通りに早期交換。排油栓から出てくるオイルもまだ透明感がありました。

 今年の春にドライブハローのチェーンが切れて大惨事になり、先日は小橋ロータリのチェーンケース反対側の軸受ベアリングが完全に破壊されていたことに気付いて修理してもらいました。僕が就農する前からなので10年は使ったとはいえ、回転系のメンテナンスは大事だなぁと改めて思いました。

 ロータリに関してはもっぱらエンジン低回転の高速使用なので、乾田状態の時はロータリの衝撃が多いのかもしれません。軸受にガタが出たらすぐにベアリングは交換すべきですね。勉強になりました。

 
 仲介役の農協から連絡が来て、どちらの地主さんもこちらの条件で承諾してくださったとのこと。2件分で4町あるのですが、これがまた集落周りに細かく点在した変形田が多いのです。幸いにもウチが耕作している田に隣接しているところもあるので、畦畔を抜けそうなところもあります。あとは耕作放棄地と化した減反田が多々あるので、それをどうやって復元するか骨が折れそう。

 この2年は面積が増えなかったので、ハードルが上がるとまたやる気が出ますね。




 

 
スポンサーサイト
雨の日曜日 | Home | 東京に行くことなど

コメント

No title

ああ、僕もミッションオイルとロータリーオイル替えなきゃならんのです。
エンジンオイルはシーズンに1回変えてるんですけど、その他はちょっとおっくうになってしまいます。

ところで、トラクターのミッションオイルって純正の高いタイプが指定になっていると思うのですが、どんなの使っておいでですか?
三菱純正は結構なお値段、かつ結構な量を使うので、類似品でいいのかどうかちょっと迷っているのですよ。

それにしても新たに4町とは恐れ入ります。
こちらでは離農面積は増えるのに、受入農業者のキャパがいっぱいいっぱいの状態です。
僕が刈り取りだけ受けていたお宅の御主人が倒れられ、全ての管理をお願いされたのですが、僕もこれ以上は無理なので泣く泣くお断りしました。

3年後にはさらに離農者は増えるだろうし、受託者は確実に年をとります。
3年後の農政は想像出来ませんが、3年後の惨状は容易に想像出来る。

ウチの地区は今までの農協にお任せ体質から脱却しなければならないタイムリミットがすぐそこまで来ています。

2015/11/07 (Sat) 13:23 | kawa #- | URL | 編集
No title

kawaさん、こんばんは!

ミッションオイルは新車のクローラの方は来年でいいやと思って交換しておりませんが、古いホイールの方は5、6年前にホースが切れて田んぼの中でダダ漏れになって(笑)修理に出したとき以来交換しておりません・・・(◎o◎;)

前回は修理に出したので純正を入れてくれたと思うのですが、自分で40リッター交換となると億劫でやってません(汗)フロントアクスルオイルも劣化していそうな予感がするのですが、こちらも開かずの扉状態です。

今日はドライブハローのミッションケースのオイルを抜いて交換しましたが、やはり超劣化していました^^;

エンジンオイルの交換とユニバーサルジョイント等のグリスアップはまめにやっているのですが、やはり他の部分も説明書通りにやっておくべきではないかと薄々感じ始めてきました。


今回の4町は2件とも圃場整備に反対していた方の田んぼなので全て未整備のいわくつきの物件です。

いつかはウチに回ってくるのではなかろうかと思っていたのですが、この際覚悟を決めて受けることにしました。

こちらは昔から農協以外にも集荷業者が多くありまして、生産者の選択肢がかなり多いです。ウチも方針作成は農協ではなく、個人の業者にやってもらっています。


3年後の農政は想像できないけれど、3年後の惨状は想像できるというのは全く同感です。

来たるべき大パニック時代を生き残ったとしても、周囲に広がるであろう荒れ放題の土地を横目に見ながら自分の手におえる分だけの田んぼを管理し続けていくのかと思うと不気味な気持ちになります。

2015/11/07 (Sat) 21:37 | あね #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。